【高校日本史】太平洋戦争のポイント

シェアする

スポンサーリンク

【日本史】太平洋戦争についてまとめています。

太平洋戦争前

日本政府は、日中戦争が長期化すると、すべての人的・物的資源を勅令で統制できる国家総動員法を制定した。1940年から、近衛文麿が新体制運動を推進し、民衆の統合をかった。

スポンサーリンク

日中戦争

日中戦争中、近衛文麿内閣は国民精神総動員運動を行い、新体運動の一環として、戦争協力体制を整えるために大日本産業報会が結成するなど、戦争協力のための国民の組織化を推進した。日中戦争の長期化によって、日本と英米との対立が激化すると1939年、アメリカは日米通商航海条約の廃棄を通告し、1940年に失効した。

【日本史】日中戦争についてまとめています。 日中戦争とは 第二次若槻礼次郎内閣のときには、関東軍が柳条湖で南満州鉄道の線路を爆破して、そ...

1939年

1939年の日米通商航海条約破棄通告によって、資源・資材の確保はきわめて困難となった。1940年日独伊三国同盟が結ばれ、枢軸体制が強化された。日本は、援蒋ルートを断ち切るため、フランス領インドシナ北部に進駐した。日本の侵略が南方にまで及んでくると、アメリカ・イギリス・中国・オランダは、いわゆるABCD包囲陣を強化してこれに対抗した。フランス領インドシナ南部への日本軍の進駐により、アメリカは対日姿勢を一挙に硬化させ、在米日本資産凍結や対日石油禁輸を行った。

日中戦争が泥沼化してきた時期、政府内に南進論に加えて北進論も強まり、独ソ戦の開始に伴い関東軍特種演習が実施された。1939年には、ノモンハンで関東軍とソ連軍との2度目の軍事衝突が起きた。日本軍の中国からの撤退などをめぐって日米交渉が暗礁にのりあげるなかで、近衛文麿内閣は総辞職し、東条英機陸相が首相になった。

太平洋戦争中

日本軍は真珠湾攻撃とほぼ同時にマレー半島に上陸し、約半年ほどで東南アジア・西太平洋の広大な地域を占領した太平洋戦争中には、大日本青少年団が組織され、学校外でも戦争に協力する体制がつくられた。第二次世界大戦に際して、国民は兵力・労働力として動員され、学徒動員によって子どもも軍需工場で働かされていた。太平洋戦争時、労働力が不足すると、軍需工場には多くの学生・生徒が動員され、女子挺身隊も編成された。

徴兵

太平洋戦争時、戦況が悪化すると、徴兵適齢期の大学生などの多くは徴兵猶予を停止され、軍に入隊させられた。第二次世界大戦中には、中等学校以上の学校に配属将校をおいて、軍事訓練が開始された。太平洋戦争中には植民地で台湾人、朝鮮人に対して徴兵制を実施した。

皇民化教育

太平洋戦争中に動員された朝鮮人女性のなかには、従軍慰安婦として戦地に送られた人も少なくなかった。日本国内の労働力不足を補うため、朝鮮人・中国人を強制連行し労働させた。日本の植民地支配下の朝鮮や台湾では、皇民化教育が行われ、日本語教育が徹底された。太平洋戦争中にはタイ・ビルマ間の軍用鉄道建設で、連合軍捕虜・アジア人労務者を酷使し太平洋戦争中の1941年には、小学校が国民学校と改められた。第二次世界大戦中には、東条内閣は、大東亜会議を開いた。1942年のミッドウェー海戦での大敗によって制海権、制空権を失い、戦局は日本に不利なものになっていった。

空爆

アメリカは、サイパン島を占領するとその空港を利用してB29爆撃機による東京への空襲を行った。1944年末からアメリカ軍の空襲が本格化すると、最初に大都市 や工業地帯が主な攻撃目標となり、次第に地方都市まで戦災が広がった。

学童疎開

太平洋戦争中には、空襲をさけるため、都市の児童は親元を離れて地方に学童疎開させられた。太平洋戦争の末期には、東京大空襲による被害にもかかわらず、小磯国昭内閣は戦争継続の方針を維持し本土決戦の準備をしていった。 1945年4月には、米軍が沖縄に上陸して沖縄戦がはじまった。アメリカ軍は、沖縄本島上陸作戦を実施して地上戦に勝利した。沖縄戦は一般住民をまきこんだ地上戦だったため、犠牲者は多数にのぼった。

太平洋戦争終戦

原爆は、広島に次いで長崎にも投下され、無差別で大量の参戦をもたらした。1945年2月には、米・英・ソの連合国首脳がヤルタで会議を開き、ドイツ降伏後のソ連参戦を決めた。1943年には、米・中・英の連合国首脳がカイロで会議を開き、カイロ宣言が発表された。日本はポツダム宣言を受諾して無条件降伏した。1945年8月、鈴木貫太郎内閣は米・英・中の三カ国によるポツダム宣言を受諾し、国体護持の確約を得られないまま、無条件降伏した。第二次世界大戦中には、日本の降伏が、昭和天皇によってラジオ放送で国民に伝えられた。中国東北部などでソ連軍に降伏した数十万の軍人はシベリアに抑留され、強制労働に従事させられた。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク
トップへ戻る