▶【大好評】大学入試小論文講座の案内はこちら

【高校日本史】大正時代の記述問題対策問題

【高校日本史】大正時代の記述問題対策問題です。

スポンサーリンク

大正時代の記述問題対策問題

次のア・イ・ウはすべて1897(明治30)年に起きたものだが、これらがこの時期に起きた背景を120字以内で説明しなさい。
ア 貨幣法を改正して金本位制度を導入した
イ 綿糸の輸出量が輸入量を上まわった
ウ 官営八幡製鉄所の建設をはじめた

大正時代の記述問題対策問題の解答

日清戦争後、政府は清国から得た影響をもとに本位制を導入し、賃整価値の安定と貿易の振興を行った。機械制生産を行う大規模工場が設立されて、綿糸の輸出が急増し、官営事工場の拡充と重工業の基難となる影場の国産化による軍備拡張も急がれた。

コメント

テキストのコピーはできません。