【日本史】大正時代の社会運動

シェアする

スポンサーリンク

【日本史】大正時代の社会運動についてまとめています。

大正時代の社会運動

大正期の社会運動において、第二次世界大戦前、社会主義思想の研究には国家によるきびしい 制約があり、森戸辰男は研究論文が危険思想とされ処罰された。鈴木文治が設立した友愛会は、労資協調を唱え、労働組合運動の母体となった。東京帝国大学の思想運動団体である新人会は、社会科学の研究や啓蒙を行い、日本の社会運動に大きな影響を与えた。

スポンサーリンク

女性の活躍

第一次世界大戦後の1920年代前半には、差別からの解放を訴え全国水平社が設立され、部落差別の撤廃をめざした。市川房江は女性解放運動の指導者で、平塚らいてう(雷鳥)らと新婦人協会を結成して女性の政治参加を訴えた。1924年婦人参政権獲得期成同盟会を作り、第二次世界大戦後には参議院議員となった。『青鞜』は、平塚らいてうによって創刊された。市川房枝が婦人参政権獲得運動をはじめたころ、山川菊栄らが社会主義の立場からの女性解放運動を展開した。社会主義を宣伝する赤瀾会が、女性によって結成された。

  • 1920年代前半には、農民運動の全国組織として日本農民連合が結成された。

まとめ

社会運動が、全国に広まる。

  • 労働争議…労働者が雇い主に労働者の意見を認めさせるためにストライキなどを行う。
  • 小作争議…小作人が地主に小作料の引き下げを求める。
  • 女性運動…1920年平塚雷鳥が新婦人協会を結成。女性の政治活動の自由、高等教育の拡充などを求める。
  • 部落解放運動…1922年部落差別からの解放を目指して、全国水平社が形成される。
  • 普通選挙法…1925年に制定された25歳以上の男子に選挙権を与える法律。
  • 治安維持法…共産主義の活動などを取り締まる法律。
  • 女性や労働者、差別を受けた人々が解放を求めて立ち上がった。

大正時代に自由主義の風潮が高まります。

  • 民本主義…吉野作造が、普通選挙によって国民の意向を政治に反映させることを主張。
  • 天皇機関説…美濃部達吉が主張した、主権は国家にあり、天皇は国家の最高機関として憲法に従って統治するという憲法学説。

あわせて確認

以上が、【日本史】大正時代の社会運動となります。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする