▶【大好評】大学入試小論文講座の案内はこちら

【高校日本史】田沼意次の政治の要点ポイント

【高校日本史】田沼意次の政治の要点ポイントです。

スポンサーリンク

田沼意次の政治の概要

徳川家治の老中、田沼意次は、株仲間を公認し、彼らから営業税として運上を徴収した。「役人の子はにぎにぎどが見え」とは、田沼意次の時代に施設が横行したことを詠んだものである。

田沼意次は、朝鮮人参座をおいて朝鮮人朝鮮人参座をおいて朝鮮人参の専売制を敷いた。

田沼意次の時代には、金貨の単位で表された初めての銀貨である、南鎌二朱銀が鋳造された。俵物など海産物に輸出を疑励した。幕府内で権力を振るった田沼意次は、息子の意知が殺されるとともに失脚した。

田沼意次の政治のころの暮らしの様子

江戸時代後期、農村では、田畑を手放して小作人となる農民が増加した。佐倉惣五郎の伝承に知られるように、処刑された一揆の指導者の中には代表越訴一を指導した義民として崇められる者がいた。19世紀には、村役人の不正追及などを内容とする村方騒動が各地で頻発した。摂津・河内・和泉の1000を超す村々の農民たちが、綿や菜種の自由販売を求めて国訴を起こした。 江戸時代後期、大坂周辺の農民は、特権商人による綿などの流通独占に反対して、大規模な訴願闘争を行った。享保の飢饉や天明の飢饉などに際して零細な暮らしをしていた町人が行った反抗運動を、打ちこわしという。

18世紀半ば以降、藩の中には藍や紅花などの特産物の生産を奨励し、またその流通を独占するため、専売制を実施するところも あらわれた。藩の中には財政難の解消をはかったり通貨量 を増やしたりするために、独自に藩礼を発行するところもあらわれた。 薩摩藩は奄美三島を支配して、砂糖を生産させ、また琉球を通じて中国と密貿易を行った。

コメント

テキストのコピーはできません。