【高校地理】鉄鉱石の分類と主な鉱山まとめ

シェアする

スポンサーリンク

【高校地理】鉄鉱石の分類と規模な鉱床が多い。まとめです。

鉄鉱石の分類と鉱山

スポンサーリンク

赤鉄鉱

鉄分を50%以上含み、精錬が容易。大規模な鉱床が多い。

  • 主な鉱山まとめ…メサビ、クリヴォイログ、イタビラ、ターイエ、ビルバオなど

磁鉄鉱

鉄分を50%以上含む良質の鉱石。強い磁力を帯びる。

  • 主な鉱山まとめ…キルナ、イェリヴァレ、マグニトゴルスクなど

褐鉄鉱

鉄分20~50%で、水分や隣分を含む低品位鉱。

  • 主な鉱山まとめ…ロレーヌ、ケルチなど

クロム

非鉄金属に該当するもののなかで、 最近、先端技術の進歩にともなって重要性が認められ、需要が高まってひときわ注目をあびている希少金属類(レアメタル)がある。代表例として、クロム、ニッケルがある。

タングステン

灰白色の光沢のある融点の高い非鉄金属であり、鉄との合金によって耐熱金属や電球のフィラメントなどに利用される金属。

ニッケル

ニッケルの産出はロシアが世界第1位でカナダが第2位である。メラネシアのフランス領ニューカレドニア島も産出量が多いことで有名である。しかし、埋蔵量ではオーストラリアやキューバなども多い。
確認【高校地理】入試やテストに出る「鉱産資源」ランキング

鉄鉱石

ブラジルには世界的に知られた鉱物があるが、世界第1位の生産高(2005年)のある鉱産物は鉄鉱石である。

木炭

スウェーデンは、鉄鉱石開発の初期には、世界の鉄の3分の1を産したが、製鉄の際の燃料が木炭からコークスに取って代わられる中でその地位を失った。

以上が、【高校地理】鉄鉱石の分類と主な鉱山まとめです。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク
トップへ戻る