▶【大好評】大学入試小論文講座の案内はこちら

【大学入試小論文】テレワークのメリット・デメリットの解答例

スポンサーリンク

【大学入試小論文】テレワークのメリット・デメリットの解答例です。

【課題文の要約】

  • テレワークのメリット…特徴は、通勤による負担がないため、ストレスがかからず、仕事の生産性効率性が向上することがわかる。
  • テレワークのデメリット…仕事と仕事以外の切り分けが難しいため、長時間労働になりやすいことがわかる。また、上司等とコミュニケーションを取ることが難しいため、仕事の評価も難しいということも読み取れる。

【問題】
テレワークのメリット・デメリットの調査結果から、あなたが考えたことを500字以内で述べなさい。

スポンサーリンク

テレワークのメリット・デメリットの解答例

調査結果からテレワークのメリットとして、通勤負担の軽減によりストレスが減少し、柔軟な労働時間が可能なことが浮かび上がりました。一方で、デメリットとして仕事とプライベートの境界が曖昧で長時間労働が発生しやすく、対面コミュニケーション不足が取引先との信頼関係に影響を及ぼすことが分かった。

私は、テレワークのメリットを最大限に生かすために、異なるタイムゾーンに分散したチームの協力を挙げる。地理的な制約を超え、24時間体制で仕事を進めることで生産性向上と素早いプロジェクト進捗が期待できます。

テレワークのデメリットに対処するためには、明確な業務時間の設定とプライベートとの境界を強化するトレーニングを提供し、リモートワーカー同士の効果的なコミュニケーションを促進するツールやプラットフォームを導入することが重要だと考える。

近い将来、テレワーク活用と同時に対面コミュニケーションの必要性が浮き彫りになるだろう。基本はテレワークを活用し、取り引き先や上司との打ち合わせは対面して行うことなど適切な柔軟性とコミュニケーション戦略を備え、効果的なバランスを見つけることが必要だろう。

テレワークのメリット・デメリットの講評(抜粋)

論文はテレワークのメリット・デメリットをバランスよく探求しており、調査結果を具体的に反映しています。メリットには通勤の軽減や柔軟な労働時間を的確に示し、デメリットに対する解決策として異なるタイムゾーンでの協力やコミュニケーションツールの導入を提案している点が良いです。将来に向けての展望も示唆に富んでおり、柔軟性とコミュニケーションの重要性を理解した上でテレワークを活用する姿勢が感じられます。

大学入試小論文対策講座
メールのやり取りだけ学べる「大学入試小論文講座」です。数々の難関大学に合格させてきた、プロの講師が添削を行います。それぞれ個別の志望大学・学部に合わせて課題が与えられます。AO入試、一般入試に対応。添削・講評は、24時間以内に返却されます。
小論文
スポンサーリンク
シェアする
ガクモンモ

コメント

テキストのコピーはできません。