▶【大好評】大学入試小論文講座の案内はこちら

【高校英文法】What節の用法とWhatを使った重要表現

【高校英文法】What節の用法とWhatを使った重要表現のまとめです。

スポンサーリンク

whatの用法

「The thing which = What」「all the ~,any ~ (~する全ての、どんな~でも)=関係形容詞 what+名詞」と置き換えることで、それ自体が先行詞のはたらきをかねています。

したがって、whatは名詞節をつくります。
what節は、主語、目的語、補語、前置詞の目的語になれます。

  • 【主語】What he told you is important.=The thing which he told you is important.彼があなたに言った事は重要だ。)
  • 【目的語】He gave her what little money he had.(彼は持っていたわずかなお金を彼女に全てあげた。)

whatを使った重要表現

  • what S is (現在の S) what S was, what S used to be (過去の S)(かつてのS)
  • what (we, they, you) call = what is called (いわゆる)
  • what is + 比較級~ (さらに~なことには)
  • A is to B what C is to D (AとBの関係はCとDの関係に等しい。)
  • what with~ and what with… (~やら…やらで)

<例文>

  • It became dark, what was worse, it began to rain.(暗くなってきた。 さらに悪いことに、雨が降り出した。)
  • Leaves are to the plant what lungs are to the animal.(葉と植物の関係は、肺と動物の関係に等しい。
  • What with the bad weather and what with the smog we couldn’t see anything.(悪天候やらやらで、何も見えなかった。)
英語
スポンサーリンク
ガクモンモ

コメント

テキストのコピーはできません。