【高校英文法】Whatの慣用表現まとめ

シェアする

スポンサーリンク

大学入試によく出るWhatを用いた覚えておきたい表現まとめです。

Whatを用いた表現

  • what is called ~ 「いわゆる」(= ~と呼ばれるもの/呼ぶもの)
  • what you (we, they) call ~ 「いわゆる」(= ~と呼ばれるもの/呼ぶもの)
  • what A is [today]:「現在のA」
  • what A was/what A used to be:「かつてのA,むかしのA」
  • what A is =「Aの人格・人間性
  • what A has = 「Aの財産」
  • what (little/few)~:「あるだけの~, 少ないながら~を全部」
  • what was worse なお悪いことに
  • A is to B what C is to D AのBに対する関係は、CのDに対する関係と同じだ
  • What with A and (what with) B AやらBやらで
スポンサーリンク

Whatを用いた表現(例文)

  • This is what is called “killing two birds with one stone.” (これがいわゆる一石二鳥だ)
  • She has made him what he is today.(彼女が彼を今の彼にした → 彼が今あるのは彼女のおかげだ)。
  • I am not what I was ten years ago. (私は10年前の私ではない)
  • A man’s happiness depends on what he is rather than on what he has. (人の幸福は財産よりも人間性で決まる)
  • I’ll lend you what money I have with me now. (少ないが今もっているお金を全部貸してあげよう)
  • He asked what few friends he had for advice. (彼は数少ない友人のみんなに助言を求めた)
  • It was very cold, and what was worse, it began to rain.(とても寒く,なお悪いことに, 雨が降りはじめた)
  • Thinking is to the brain what exercise is to the body. (思考の, 脳に対する関係は,運動の, 体に対する関係と同じだ → 運動が体に良いように,考えることは頭に良い)
  • What with overwork and (what with) the heat these days, he has gotten sick. (過労やらここのところの暑さやらで彼は病気になった)
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク
トップへ戻る