▶【大好評】大学入試小論文講座の案内はこちら

【高校生用】蘭学について要点ポイント

【高校生用】蘭学について要点ポイントです。

スポンサーリンク

蘭学

朱子学者である新井白石は、日本に潜入したイタリア人宣教師シドッチ (シドッティ)を尋問して『西洋紀聞』などを著し、洋学の先駆者となった。

しかし鎖国体制下で西洋文明の公式の窓口となったのは、長崎のオランダ商館だけであった。そのため、西洋の学問は蘭学と呼ばれた。甘藷(サツマイモ) 栽培の提唱で有名な青木昆陽は、徳川吉宗の命を受けてオランダ語を学び、蘭学発展の要因をつくった。

医学・科学としての蘭学

前野良沢杉田玄白らによる西洋解剖書『ターヘル=アナトミア』の翻訳書『解体新書』の刊行(1774)は、蘭学発展の大きな契機となった。

西洋の天文・暦学や物理学も研究され、志筑忠雄はニュートン力学やケプラーの法則、地動説などを日本に紹介した。

事情の研究から幕政批判

18世紀末以降、頻繁に外国船が日本近海に出没するようになった。

オランダ商館のドイツ人医師シーボルトの鳴滝塾で学んだ高野長英は、渡辺華山らと尚歯会(蛮社)に参加し、西洋の科学だけでなく西洋事情や海外情勢の研究を行った。

しかし、1837年のモリソン号事件に際し、高野長央は『成成夢物語』、渡辺華山は「慎機論』を著して幕府の外交方針を批判したため、蛮社の獄(1839年)で2人とも処罰された。

転換期の思想の特徴

日本は16世紀半ばに西洋文明と初めて接触したが、その後は江戸幕府の鎖国政策により外国との交流は制限を受けた。そうしたなかでも、西洋の新しい知識は小さな窓口から流入し、国内にも新しい思想や学問が育ち、近代社会への転換を準備した。

■ 過渡期の思想
この近代社会を準備する過渡期における思想面の特徴として、3点があげられる。

  1. 儒学や国学の発達による実証的・批判的精神および尊王思想の形成
  2. 蘭学・洋学による西洋文明の理解や、科学的・合理的思想の導入
  3. 復古神道の広まりなどによる国民としての自覚
比較国学蘭学儒学
内容日本の古典研究西洋の学問儒教の学問
主な人物本居宣長杉田玄白大塩平八郎
功績古事記伝解体新書陽明学
倫理
スポンサーリンク
ガクモンモ

コメント

テキストのコピーはできません。