【高校英文法】準否定語の位置とfewとa fewの違い

シェアする

スポンサーリンク

【高校英文法】準否定語の位置とfewとa fewの違いについてまとめています。

準否定語

頻度や程度が非常に少ないことを表す表現を準否定という。

  • seldom,rarely…頻度が少ない「めったに~ない」
  • hardly,scarcely…程度が少ない「ほとんど~ない」
  • few…数が少ない「ほとんど~ない」
  • little…量が少ない「ほとんど~ない」
スポンサーリンク

準否定の位置

seldom,rarely,hardly,scarcelyは副詞なので、be動詞・助動詞の後、一般動詞の前に置かれて否定文を作ります。

  • He rarely stays home on Sundays. (彼は日曜にはめったに家にいない)
  • There is scarcely any chance for us to win the game. (我われがその試合に勝つ見込みはほとんどない)

few / little とa few / a little

few, littleは「ほとんどない」と否定的な意味を表すが, a few, a title は「少ないがいくらかある」と肯定的な意味を表す。

  • Few people had to stand in the bus. (バスの中で立たねばならない人はほとんどいなかった)
  • A few people got on the bus. (2.3人がバスに乗った)
  • I have little money now. (私は今お金がほとんどない)
  • Give me a little money. (お金を少し下さい)

little + 動詞

(little + 動詞)は「全く~しない」の意味を表す。このlittleは副詞。

  • I little dreamed I would see such a famous person as you. (あなたのような有名な人に会おうとは夢にも思わなかった)
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク
トップへ戻る