倫理

高校倫理のポイント・まとめの記事です。

倫理

【高校倫理】社会契約説の主要人物と内容のポイント

【高校倫理】社会契約説についてまとめています。 ロック ロックは、イギリスの哲学者である。政治思想家としては『統治論(統治二論・市民政府二論)』などを著し、ホッブズの影響を受けつつも、ホッブズとは異なる国家論を展開した。 人間の本性と...
倫理

【高校倫理】パーソナリティの類型論

【高校倫理】パーソナリティについてまとめています。パーソナリティとは、ある人間のその人らしい行動の傾向や精神のあり方を全体として表す概念です。今回は、その パーソナリティについてまとめています。 パーソナリティの3要素 パーソナリティ...
倫理

【高校倫理】適応行動と欲求・葛藤のポイント

【高校倫理】適応行動についてまとめています。人間は、欲求が満たされない状態が続くと、心の緊張状態が高まり、いらだちや不安が生じて、欲求不満(フラストレーション)におちいます。このような欲求・葛藤、それから適応行動についてまとめています。 ...
スポンサーリンク
倫理

【高校倫理】マルクスの思想のポイントまとめ

【高校倫理】マルクスの思想についてまとめています。 マルクスとは ドイツのマルクス(1818年から1883年没)は、エンゲルス(1820年かた1895年没)と協力して、ヘーゲルの弁証法やイギリス古典派経済学、空想的社会主義などの影響を受...
倫理

【高校倫理】キルケゴールの思想のポイント

【高校倫理】キルケゴールの思想についてまとめています。 キルケゴール デンマークの哲学者キルケゴール(1813年から1855年没)は実存主義の先駆者である。キルケゴールは初めヘーゲル哲学を学んだ。しかし、世界のすべてを論理的に必然的なも...
倫理

【高校倫理】鎌倉仏教のポイント

【高校倫理】鎌倉仏教についてまとめています。平安時代末期、新たな社会の担い手として武士や農民が台頭して、またその一方で、政治的・社会的動乱の中で末法の世の自覚はさらに深まった。こうしたなか、比叡山に集まった修行僧たちの中から、新しい時代に適...
倫理

【高校倫理】最澄と空海の教えのポイント

【高校倫理】最澄と天台宗についてまとめています。 最澄 最澄(伝教大師、767年から822年)は、804年に唐に渡り、天台山で天台宗の奥義を学んだ。天台宗は、6世紀の隋代の僧智顎が開いたもので、法華経を釈迦の最高の 教えとして、諸宗の教...
倫理

【高校倫理】ハイデガーの思想のポイント

【高校倫理】ハイデガーの思想についてまとめています。 ハイデガーの思想 ドイツの哲学者ハイデガー (1889年から1976年没) は、主著『存在と時間』で、「存在とは何か」という古代以来の問題を改めて問い直した。ハイデガーは、まず、人間...
倫理

高校倫理でよく出る覚えておきたい人物まとめ

【高校倫理】大学入試・センターでよく出る「人物」まとめです。 高校倫理 よく出る人物 ソクラテス ソクラテスは真理を探究するため、ソフィストの弁論術のように相手を 一方的に説得するのではなく、対話の形式で質問を投げかけてそれに答え...
倫理

【高校倫理】ロールズの正義論

【高校倫理】ロールズの正義論についてまとめています。 ロールズ アメリカの哲学者・倫理学者ロールズ(1921年~2002年没)は、主著『正義論』などを著した。その中で、社会契約説の再評価を基礎に、功利主義の欠陥を克服する「公正としての正...
倫理

【高校倫理】中江藤樹(陽明学)の教えのポイント

【高校倫理】陽明学の教えについてまとめています。近江(滋賀県)に生まれた中江藤樹(1608年~1648年没)は、老母への孝養のため27歳で脱藩して故郷に帰り、武士の身分を捨てた。若いころから独学で朱子学を学び、故郷では私塾を開いて庶民教育に...
倫理

【高校倫理】ミルの思想のポイント

【高校倫理】ミルの思想についてまとめています。ミル(1806年かた1873年)は、快楽には物質的快楽のほかに精神的快案があり、精神的快楽は量的に計算できないとする質的功利主義を説いた。 ミルの思想 ミルによれば、人間には快楽を追求する面...
スポンサーリンク