【高校世界史】古代のまとめ

シェアする

スポンサーリンク

【高校世界史】古代について、簡単に全体像をつかめるようまとめています。

古代

スポンサーリンク

オリエント

紀元前3000年頃に成立したオリエント文明では、大河の治水によって都市国家が形成され、王が神の名のもとに神権政治をおこなった。文化的にはエジプトの太陽暦、メソポタミアの六十進法、フェニキアの表音文字などがヨーロッパに伝えられ、パレスチナに誕生した一神教は、のちのキリスト教のもとになった。

  • キリスト教…紀元前後、パレスチナ地方に生まれたイエスが広めました。神を信じる者は誰もが救われると解き、イエスの教えは、後に聖書(新約聖書)にまとめられました。

ギリシア文明

ギリシア文明は、オリエントの影響をうけて生まれたエーゲ文明が崩壊したあと、ポリスという独特の仕組みから生まれた。奴隷制を経済的基盤としてはいたが、独立した自由な市民たちの 共同体であり、そこから直接民主政が生まれた。こうしたポリス社会は、また人間中心的で合理主義的な精神文化を生み出した。

  • アリストテレス…現実的な「ポリスの倫理」を、相互の愛情である友情(フィリア)と秩序維持のために正義(ジャスティス)に求めた。

ローマ

ギリシアの影響を受けてイタリアに誕生した都市国家の一つローマは、強大な軍事力を背景に地中海周辺を統一し、ローマ帝国となった。ローマ帝国は、さまざまな文化や民族を、地中海世界という一つのまとまりの中に統合し、都市を中心にギリシア文化を継承発展させて植えつけた。「ローマの平和」のもとで繁栄そして、ローマ帝国は、その後のヨーロッパ文明の母体となった。

アジア・アメリカの古代文明

インド

インド世界では、まずインダス川流域で紀元前2300年頃から 都市文明が発達した。その後アーリヤ人が西北インドに進入し、 ガンジス川流域に移動する過程で、今日にもつながるインド的な 社会や世界観が形成された。そして、仏教やヒンドゥー教などのちの世界に大きく影響をあたえる宗教も誕生した。

  • 仏教…紀元前5世紀頃、インドに生まれた釈迦(シャカ)が開きました。「心の迷いを取り去ることで、この世の苦しみのから逃れる」と説きました。やがて中国や日本にも伝わりました。
  • ヒンドゥー教…インドの大部分の人が信仰している。カースト制は、ヒンドゥー教の関係が深い厳しい身分制度。

中国

中国では、黄河流域の都市文明の中から股王朝、ついで周王朝が成立して支配。その後春秋・戦国時代の動乱の中で、中央集権的な政治体制や、儒教をはじめとする新しい思想が形成された。前3世紀の秦による中国統一をへて、つづく漢の時代に、皇帝による政治体制の基礎がかたまった。

  • 儒教…「五経(「詩経」「書経」「易経」「春秋」「礼記」)」を聖典とし、宋以後は「朱子学」として「経世済民」「修己治人」の学に体系化され、「四書(「大学」「中庸」「論語」「孟子」)」が重視されるようになった。

東南アジア

東南アジアの諸地域は、早くから中国やインドと交流し、その影響を受けながら独自の文明を形成してきた。

アメリカ

アメリカ大陸の中部・南部でも、トウモロコシなどの農耕を基 礎とする都市文明が興り、のちには強力な国家も形成された。

東アジア

漢が滅びると、中国は魏晋南北朝の分裂・動乱時代に入り、この頃から朝鮮半島や日本でも国家形成の動きが見られるようになった。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする