【高校世界史】ギリシア文化のまとめ

シェアする

スポンサーリンク

【高校世界史】ギリシア文化についてまとめています。

ギリシア文化

  • オリンポス…人間的性格の強い神がみがギリシア神話には登場するが,なかでも代表的な神がみの総称
  • ホメロス…トロイア戦争を題材にした『イリアス』, オデュ ッセウスの冒険を描いた『オデュッセイア』などの叙事詩で知られるギリシア最古の詩人
  • ヘシオドス…「労働と日々」や, 神がみの系譜詩である「神統記」 で知られる叙事詩人。
  • サッフォー…ギリシア唯一の女性詩人
  • アリストファネス…ペロポネソス戦争を風刺した『女の平和』で知られる、喜劇作家は誰か。 アイスキュロス・ソフォクレス・エウリピデスの三大悲劇詩人が、前5世紀のアテネで活躍した。
  • タレス…イオニア地方では、自然の本質を合理的に考えようとする自然哲学が発達したが、その哲学者の一人で、万物の根元を水と考えたの人物
  • ピタゴラス…直角三角形に関する定理でも有名で,万物の根元を数と考えた人物。
  • デモクリトス…万物の根元を,原子(アトム)と考えた人物。
  • プロタゴラス…民主政の発達した古代ギリシアでは弁論が重視された ため, ソフィストという職業教師が活躍した。その代表者で「人間が万物の尺度である」といった人物。
  • ソクラテス…ソフィストに対し,問答法によって普遍的真理にいたることを説き,誤解され刑死した人物。
  • プラトン…ソクラテスの弟子でイデア論を説き, 哲人政治がポリスの理 想であるとした『国家論』の著者。
  • アリストテレス…古代思想の体系化を行い, イスラーム哲学やキリスト教神学、とくにスコラ哲学に大きな影響を与えた人物。彼はアレクサンドロス大王の師でもあった。
  • ヒッポクラテス…病気を科学的に研究し,「医学の父」と呼ばれる人物。
  • ヘロドレス…ペルシア戦争史を,物語風に記述したのは人物。
  • トゥキディデス…ペロポネソス戦争史を, 批判的に記述した人物。
  • フェイディアス…いまは失われた「アテナ女神像」の作者で, アテネのパルテノン神殿の工事を監督した人物。
スポンサーリンク

ソクラテスの思想

ソクラテスが自らに課した問題は、「人間として善く生きるにはどうしたらいいか?」でした。誰でも一度は考える問いです。それは「人間として善く生きるには?」は、同じ意味の問いでしょう。これを「アレテー」といい、日本語では「徳」と訳され、「徳(人間としての善き)」の追究といいます。「徳(アレテー)」は、「善く生きること」と同じ意味である。

プラトンの思想

プラトンは、「現実の世界(現象界)」を超えた理想的な「イデアの世界(イデア界)」の実在を説いた(二世界説。二元論、理想主義となります)。そして、魂(理性)のイデアに憧れ思慕し続ける欲求(原動力)ですが、エロース(同上心, プラトニック=ラブ)で、アナムネーシスと表裏をなしています。

アリストテレスの思想

アリストテレスは、全体的正義(ポリスの法順守)と部分的正義(具体的道徳)とに大別し、部分的正義をさらに, 報酬・成績などは配分的 正義(働きや能力に応じた配分)で、裁判や取引などは調整的正義(平等になるよう調整)にすべきと説いている。「人間として善く生きるには、ポリスの倫理(正義と友情)を実践し、習慣付けることである」が、アリストテレスの解答。

あわせて確認

以上が、【高校世界史】ギリシア文化のまとめとなります。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする