【高校生物】生態分布

シェアする

スポンサーリンク

【高校生物】生態分布についてまとめています。

生態分布

生態分布は、環境要因に対する適応の面から考えた生物の分布。

生態系は、一定地域内に生活する生物と環境から成る1つのまとまり。生物群集(一定地域内の同種・異種の生物の集団)」と無機的環境(温度、湿度、光、土壌、大気、水、栄養分など)のまとまりがある。
確認【高校生物】生物と環境

スポンサーリンク

植物の生態分布

気温(積算温度)と降水量が大きく影響。

  • 水平分布…緯度の変化による植物の生態分布。
  • 垂直分布…標高の変化による植物の生態分布。

群系

相観によって植物群落を分類。(生物群集は、自然界の個体群は互いに密接な関係を持って生息する。ある地域に生息する個体群をまとめて生物群集と呼ぶ。確認【高校生物】生物群集とその構造

  • 森林…熱帯地域から順に、熱帯多雨林・亜熱帯多雨林・南緑樹林・照葉樹林・夏緑樹林・針葉樹林
  • 草原…サバンナ(熱帯草原)・ステップ(温帯草原)
  • 荒原…砂漠・寒地荒原(ツンドラ)

日本の植物の生態分布

降水量の多い日本では平地に森林が発達。

  • 水平分布…南より亜熱帯多雨林・照葉樹林・夏緑樹林・針葉樹林。
  • 垂直分布…同じ緯度でも標高により,異なる植物群落が分布。日本中部では海抜の低いほうより低地帯・山地帯・亜高山帯・高山帯。高山帯以上では森林は成立しない。その標高が森林限界。
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク
トップへ戻る