【高校】世界の環境問題まとめ

シェアする

スポンサーリンク

【高校地理】世界の環境問題・エネルギー問題についてまとめています。

世界の環境問題

危機的な地球環境の地球環境問題の影響は国境をこえて広がる。地球温暖化と気候変動の二酸化炭素(CO2)などの温室効果ガスの大気中の濃度が高くなったことで、地球の平均気温が上昇する地球温暖化が進行→干ばつや洪水などの自然災害、海面上昇による島国水没の危機。北極圏や南極大陸の氷がとける

スポンサーリンク

発展途上国のおもな環境問題

  • 砂漠化…過放牧や無理な開発による干ばつが原因。サヘル地域で拡大。(先進国では,土壌侵食・土壌の塩性化が問題)。
  • 熱帯林の伐採…木材(チーク材・ラワン材)の伐採、焼畑農業,農地開発などが原因。
  • 産業廃棄物の投棄…先進国で処理できない廃棄物が途上国に集中。都市化や工業化による大気汚染や水質汚濁なども深刻。

先進国のおもな環境問題

  • 地球温暖化…化石燃料(石炭・石油)の燃焼で, 温室効果ガス(二酸 「化炭素など)が発生。海面上昇や気候の変化。
  • 酸性雨…空気中の硫黄酸化物・窒素酸化物が雨にとけて降る。ヨーロッパ諸国は, 1979年, 長距離越境大気汚染条約を締結。
  • オゾン層の破壊…フロンガスがオゾン層を破壊し、紫外線が増加。
  • 光化学スモッグ…窒素酸化物が太陽の紫外線を受けて化学反応を起こし、目やのどなどを強く刺激する物質をつくります。

タンカー事故による海洋汚染、原発の事故による放射能汚染、廃棄物の焼却時に発生するダイオキシン、ガソリン中の重金属などによる大気汚染、生活排水による河川・湖沼の富栄養化なども深刻。

解決への取り組み

  • 国際会議…1972年スウェーデンで国連人間環境会議。1987年東京で「持続可能な開発」の提唱。1992年ブラジルで地球サミット, 1997 年京都で「温暖化防止京都会議」, 2002年南ア共和国で環境開発サミット。
  • 国連・NGO の取り組み…国連環境計画(UNEP), リサイクル運動。ナショナルトラストなど。

具体例

地球環境を守るために国連人間環境会議、地球サミット、地球温暖化防止京都会議、ヨハネスバーグ環境開競サミットなどを開き、国際的な協力による環境保護の重要性守る重要性を確認した。

水鳥などの生活の場をにラムサール条約が結ばれ、自然景観や文化財の保護のために世界遺産条約が結ばれている。

化石燃料

化石燃料である石油や石炭などの使用は、資源の枯渇や環境への負荷が問題である。

二酸化炭素

産業革命以降の化石燃料の大量消費によって急激に大気中の二酸化炭素濃度が上昇しつつある。

環境と過疎化

温暖化や少雪といった自然環境の変化の中で、人間による環境破壊が進み、その一方で挙家離村や集落の消滅に典型的にみられるような山間地における過疎化、農家・林家の高齢化による耕作放棄なども野生生物による農作物被害や森林助長している。

酸性雨

工業化の進行とともに、環境問題の1つである賛成雨の現象が世界的に生じてきた 酸性雨の主たる原因は、自動車や工場などから排出される窒素酸化物硫黄酸化物である。大気中に排出された亜硫酸ガスは水分に吸収されて酸性雨となって降下し、森林等に被害を及ぼすおそれがある。

エネルギー資源の開発

  • エネルギー問題…大量消費による地球環境の悪化と資源の枯渇。
  • 新しいエネルギー…化石燃料に代わる代替エネルギーの開発が課題。風力,地熱、太陽光, バイオマス(生物体)エネルギーなど。

世界の地域開発

  • アメリカ…テネシー川の TVA, コロラド川やコロンビア川。
  • 中国…サンシヤ(三峡)ダムなど長江や, ホワイ川の開発
  • ブラジル…アマゾン川流域の大カラジャス計画。→環境保護重視に。

地球環境の破壊

➊地球温暖化
➋オゾン層の破壊
➌野生生物種の減少
➍酸性雨
➎熱帯林の減少
➏水資源の減少

などが挙げられます。

地球温暖化とは

世界中の国々の工業化に伴い、二酸化炭素やメタンなど温室効果ガスの排出量が増加し続け、地球温暖化が進んだ。極地の氷の融解が進み、低地・島嶼国の水没、異常気象などが懸念されている。

気候変動枠組み条約(地球温暖化防止条約)

1992年に締結。気候変動枠組み条約締約国会議(COP)を中心に温暖化防止の対策が検討された。

京都議定書

1997年、第3回気候変動締約国会議(COP3)で採択。2005年に発効。温室効果ガスの数値削減目標を決めた。排出枠が先進国に割り当てられ、それを超える排出量がある場合、相互に排出量取引ができる(京都メカニズム)。

京都議定書の発効

2001年、アメリカは離脱。2005年、ロシアの批准で発効。温室効果ガス排出の削減義務をめぐっては、先進国と発展途上国間の対立があり、課題が多い。環境問題は「共通だが差異のある責任」として、取り組み方に差異を設けるべきだという意見もある。

オゾン層の破壊

冷蔵庫の冷媒や洗浄剤・スプレーに使用されていたプロンガスは、オゾン層を破壊する。オゾン層が破壊されると紫外線が地表に大量に降り注ぎ、皮膚ガンや白内障などを引き起こす。

  • オゾン層保護のためのウィーン条約…1985年に採択。
  • モントリオール議定書…1987年。フロンガスの使用を国際的に規制。多くの分野でフロンが廃止された。この議定書では、発展途上国のフロン使用は認めるなど、課題もある。

野生生物種の減少

乱獲・環境汚染、それにともなう生態系の破壊等により多くの生物が絶滅の危機に瀕している。

  • ワシントン条約…1973年。野生動植物の国際取引などを規制した。しかし、密猟・違法取引は今なお続いている。
  • ラムサール条約…1971年。湿地や水鳥, また水鳥を中心とする生態系の保護などを目的とする。日本では釧路湿原などが登録され、保全が図られている。

熱帯林の減少

伐採や焼畑農業をはじめとする大規模農地開発により熱帯林 が大幅に減少。砂漠化の原因ともなっている。熱帯林は大量の二酸化炭素を吸 収するため、その減少は地球温暖化の促進要因にもなっている。

水資源の減少

人口爆発や工業化により生活・農業・工業用水のための水資源の確保は世界的に難しさを増している。多くの国が水不足に陥っており、各国の水資源確保・開発の動きは活発になっている。食料輸入大国である日本の食料の安定供給と密接な関係をもつ問題である。

エルニーニョ現象

エルニーニョ現象の本来の意味は、ペルー沖から太平洋東部でクリスマスの頃、南東貿易風の活動が一時的におさえられ、平年よりも水温が高くなる現象をさす。東太平洋の赤道付近における水温の上昇が、赤道から中緯度付近の気候に大きな影響を及ぼすため、現在では、数年周期の大規模な水温の高温現象をエルニーニョ現象と称している。

ラニーニャ現象

東太平洋の赤道付近における平年よりも水温が低い現象をさす。南東貿易風が強まるため生じる。

熱帯低気圧

緯度5~15度 海水温が28°C以上の海域で発生する低気圧の総称。南アジアを襲うサイクロン、西インド諸島からメキシコ湾岸地方を襲うハリケーンなどがある。

環境問題への国際的取り組み

国連人間環境会議(ストックホルム会議)

1972年、スウェーデンのストックホルムで開催。「かけがえのない地球」がスローガンとして掲げて、人間環境宣言を採択した。これを受けて、国連環境計画(UNEP)が設置された。

国連環境開発会議(地球サミット)

1992年、ブラジルのリオデジャネイロで開催された開発と環境保護の調和のための対策会議。

  • リオ宣言…「持続可能な開発」を基本理念として採択された。また、環境保護の行動計画としてアジェンダ21が策定された。
  • 気候変動枠組み条約…地球温暖化を防ぐ。
  • 生物多様性条約…生物の多様性を生態系・種・遺伝子の3つで捉え、生物多様性の保全や持続可能な利用などを取り決めた。

環境・開発サミット

2002年、南アフリカのヨハネスブルクで開催され、ヨハネスブルク宣言を採択。「持続可能な開発」の具体的な実施計画も採択。

国際社会の取り組み

  • 1992年、国連環境開発会議(地球サミット)をブラジルのリオデジャネイロー 開催。
  • 1997年の地球温暖化防止京都会議では,先進国に温室効果ガスの 排出削減を義務づける京都議定書を採択。
  • 2015年にはパリ協定を採択。 アメリカはその後離脱、途上国も参加

地球環境問題の解決に向けての「持続可能な社会」の考えが大切。

環境アセスメント

地域開発など大規模な工事による環境破壊を防ぐために、環境アセスメント(環境影響評価)法などが定められている。また、地球環境問題に対する国際協調や将来への環境保全に向けて、環境基本法を定め、環境行政を総合的に進めている。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク
トップへ戻る