【高校地理】間帯土壌

シェアする

スポンサーリンク

【高校地理】間帯土壌についてまとめています。

間帯土壌

気候,植生の分布と対応した成帯分布を示さない土壌で、上局地的に分布するのが間帯土壌。母岩の影響などにより形成。特定の農産物の栽培と結びつくものが多い。

スポンサーリンク

レグール土

玄武岩が風化した黒色の土壌で、綿花栽培と結びつく。インド半島西部に分布。

  • 火山岩…マグマが地表や地表近くで急速に冷えて固まった岩石。(例)流紋岩、安山岩、玄武岩
  • 深成岩…マグマが地下でゆっくり冷え固まった岩石。(例)花こう岩、せん緑岩、はんれい岩

テラローシャ

玄武岩と輝緑岩の風化した暗紫色の土壌。ブラジル高原南部に分布し、コーヒー栽培と結びつく。

  • 南アメリカには、政情不安や激しいインフレなど、政治・経済面に問題のある国も多いが、近年はブラジルを筆頭に工業化をおし進めており、経済が発展してきている国もある。

テラロッサ

石灰岩が風化した赤色の土壌。カルスト地形や隆起サンゴ礁の地域に分布するが、とくに南ヨーロッパの地中海沿岸が特徴的。

レス

ヨーロッパのレスはロンドンやパリ周辺、ハンガリーに分布。大陸氷河の外側に集められた土が風によって周囲に散布されることにより形成。中国のレスは華北平原。黄土高原から黄河の流れによって下流側にもたらされる。いずれも小麦やトウモロコシの栽培に利用される肥沃な土壌。

  • 華北地方…寒冷な気候のため畑作地帯となっており、小麦や大豆などの生産が中心
  • 華中地方…温暖多雨な 気候を生かした稲作地帯となっており、米の生産が中心
  • 華南地方…米の二期作が行われている

あわせて確認

以上が、【高校地理】間帯土壌となります。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク