【高校地理】オセアニアのポイント

シェアする

スポンサーリンク

【高校地理】オセアニアのポイントについてまとめています。

オセアニア

オセアニアは、オーシャン(大洋)という言葉から作られた地域名です。オーストラリアとミクロネシア、メラネシア、ポリネシアと呼ばれる太平洋の島々からなります。ハワイとニュージーランドはポリネシアに属します。

  • 地域区分…オーストラリア大陸とニュージーランド, 太平洋東部のポリネシア, 北西部のミクロネシア, 南西部のメラネシア。
スポンサーリンク

オーストラリア

  • 自然…世界第6位の面積。3分の2は乾燥地帯。東部に大鑽井盆地。東岸にグレートディバイディング山脈(古期造山帯)。沖にはグレートバリアリーフ。大陸中央部に残丘(エアーズロックやオルガ山)。
  • 社会…かつてイギリスの植民地。先住民はアボリジニー。1851年のゴールドラッシュで人口急増。白豪主義から, 1970年代以降、多文化主義の政策へ。最大の輸出相手国は日本。
  • 農牧業…羊毛(メリノ種)は世界一。大鑽井盆地では掘り抜き戸を利用した牧羊がさかん。大都市周辺で酪農。牧牛→牛肉(肥育場はフィードロット)。
  • 鉱業…鉄鉱石・石炭・ボーキサイトなど。大平原に孤立した鉱山集落。露天掘りで産出。ニューカッスルやポートケンプラで製鉄。
  • 牧洋…降水量が少ない地域。堀り抜き井戸を利用。
  • 牧牛…比較的降水量が多い地域。
  • 酪農…温暖湿潤気候で人口が多い南東部。
  • 小麦と羊を組み合わせた農業…降水量の多い地域。
  • さとうきび…高温多雨の北東部の海岸地域。オーストラリア自然環境に合わせて農牧業を行っている。

ニュージーランド

先進的な農業(肉類・乳製品)。西岸海洋性気候。適度な降水があり、牧草がよく育つため、北東を中心に酪農用の乳牛や羊肉の用の羊の飼育が盛んです。比較的降水量の少ない南東側では、羊毛用の羊を飼育しています。東側では偏西風が山脈にさえぎられるために、西側に比べると降水量が非常に少ないです。

あわせて確認

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク