【高校政治経済】貿易と国際分業

シェアする

スポンサーリンク

【高校政治経済】貿易と国際分業についてまとめています。

国際分業と国際貿易

スポンサーリンク

国際分業

貿易を通じて生産を分担すること。次の2つの形態がある。

  • 垂直的分業…製品を組み立て、最終加工する(技術集約的工程)国と、原材料・部品をつくる(労働集約的工程)国間の分業。主に先進国と発展途上国間。
  • 水平的分業…異なる工業製品を生産し、貿易を行う。主に先進国間で行われる。

貿易の形態

  • 自由貿易…国家の干渉がなく、自由に行われる貿易のこと。
  • 保護貿易…輸入品に高い関税を課すなどして、自国の産業の保護・育成を図る。

国際分業と自由貿易

自由貿易の考え

イギリスの経済学者リカードは、「経済学および課税の原理」の中で比較生産費説を展開し、自由貿易・国際分業の利益を主張。

比較生産費説

各国が自国に適した商品の生産に特化(生産を集中すること)し、これを相互に貿易するのが双方に有利とする考え。

国際分業の利益

  • 特化前…両国が貿易をしなければ、たとえば、ポルトガルは170人でワイン・ 毛織物を各1単位ずつ生産。一方、イギリスは220人で各1単位ずつ)生産することになる。
  • 比較優位…自国の他産業と比較しての優位のこと。たおてば、ポルトガルはワイン生産に比較優位があり、イギリスは毛織物生産に比較優位があるなど。それぞれ, 比較優位にあるものに特化する。
  • 特化後…たとえば、ポルトガルは特化しない場合と比べて、同じ労働力でワインを0.125単位増産でき、イギリスは毛織物を0.2単位で増産できる。つまり、各国は特化して貿易すれば、同じ労働者の数で全体の生産量が増えることになる。

自由貿易体制とWTO

  • WTOと貿易紛争…特定の輸入品目に対する関税などで相手国と外交紛争となった場合は、WTOが勧告を行ったり、相手国がWTOに提訴することもある。
  • 世界貿易機関(WTO)…GATTのウルグアイラウンドから発展し、貿易の障害を取り除き、世界の自由貿易を促進する機関
  • セーフガード…WTOが認める緊急輸入制限措置。特定品目の輸入急増によっ て国内産業に重大な損害が生じる場合、関税の引き上げや関税割当制度、輸入数量制限、輸入ライセンス停止などの措置をとることができる。

保護貿易

リストの保護貿易論

ドイツの経済学者リストは著書「政治経済学の国民的体系」の中で保護貿易論を主張し、アダム=スミスやリカードの自由貿易論は先進国の理論であると批判した。また、当時の発展途上国ドイツの国内産業の保護・育成と工業化を目指す「幼稚産業保護論」を唱えた。

自由貿易と途上国

リストの考えは、ドイツの工業化に向けた保護貿易・産業政策の基礎となった。また、戦後日本の産業政策や急速に発展した東アジア諸国等の例もまた、産業保護育成政策が後発国・途上国の発展に役立つことを示している。

貿易制限の方法

自国内の産業や雇用の保護、安全保障や国民の利益を守るために関税や各種の規制・規格を設けている。これらの規制は、自由貿易を妨げる関税障壁・非関税障壁であるとして国内外から批判される場合がある。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク
トップへ戻る