【高校生物】DNAの構造

シェアする

スポンサーリンク

【高校生物】DNAの構造についてまとめています。

DNAの構造

DNAが遺伝子の実体であることが解明されるとともに、DNAがどのような物質であるかも明らかになっていった。

スポンサーリンク

DNA

DNAはデオキシリボ核酸とよばれる核酸の一種で、塩基と糖(五炭糖)とリン酸からなるヌクレオチドが多数鎖状につながった高分子化合物である。DNAの糖はデオキシリボース,塩基はアデニン(A)・グアニン(G)・シトシン(C)・チミン (T)の4種類である。

二重らせん構造

ヌクレオチドどうしは糖とリン酸のところで互いに結合して長い鎖のようになっている。そして、この鎖(ヌクレオチド鎖)2本が互いの塩基どうしで結合してゆっくりとらせんに巻いており、このような構造を二重らせん構造という。

ワトソン-クリックのモデル

DNAの二重らせん構造は、ウイルキンス (イギリスの物理学者)がX線回折という方法 (X線がDNAの繊維に当たって回折した像を写真にとる方法)で得たデータとシャルガフ(アメリ カ)がいろいろな生物のDNAの塩基組成を分析した結果などをもとに、ワトソン(アメリカ)とクリック(イギリス)によって提唱されたものであり(1953年)、ワトソンクリックのモデルといわれる。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク