【高校生物基礎】器官の循環系のポイント

シェアする

スポンサーリンク

【高校生物】循環系についてまとめています。

循環系

血液やリンパ液などの体液をからだ全体に流通させて、物質の運搬などを行う器官を循環系という。循環系は、液を送り出すポンプ(心臓)と、液を送り届ける管とからなる。

  • 閉鎖血管系…心臓を出た血液の大部分が血管の中だけを通って心臓にかえってくる閉鎖血管系
  • 開放血管系…心臓から出た血液が一度血管外に出て組織間を流れてから心臓に かえってくる開放血管系
スポンサーリンク

昆虫の開放血管系

昆虫(節足動物) には、からだの背側に1列に連らなった 心臓がある。血液は頭部へ向かっておし出され、血管から出た血液はからだの中 を前方から後方へ流れて心臓にもどってくる。

脊つい動物の閉鎖血管系

脊つい動物では、血液は、動脈→毛細血管→静脈と常に血管内を流れる。下等な魚類から高等なほ乳類まで、進化に応じて循環系も複雑になっている。

種類 心房 心室 肺と体循環 備考
魚類 1 1 区別なし 心室からえらにいった血液はそのまま体循環する
両生類 2 1 区別あり 心室で肺からの動脈血とからだからの静脈血が混合
ハ虫類 2 1 区別あり 心室に不完全な隔壁があり,混合を多少は防ぐ
鳥・ホニュウ類 2 2 区別あり 肺からの動脈血は静脈血と混ざることなく体循環へ
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク
トップへ戻る