【高校生物】ヒトの神経系

シェアする

スポンサーリンク

【高校生物】ヒトの神経系についてまとめています。

ヒトの神経系

スポンサーリンク

集中神経系

脳やせき髄や神経節などのように、多数のニューロンが集まった制度を中枢とよぶ。中枢をもつ神経系が集中神経系である。ヒトの神経系は集中神経系であり、中枢神経系(脳とせき髄)と、中枢から出てからだの各部に分布する末しょう神経系とから成り立っている。

管状神経系

脊つい動物の神経系は、胚発生の過程で外胚葉から生じてくる。胚の背側の外胚葉が内側に落ちこんで神経管が生じ、神経管の前方は影れて脳に、後方はのび、脊髄になる。脳もせき髄も管状の構造をとっているため管状神経系とよばれる。管の中には脳脊髄液がつまっており、脳や脊髄を養うとともに、脳や脊髄の老廃物の排出路になっている。管の壁の部分には無数の神経細胞が分化し、その突起が末しょう神経としてからだの各部へのび出す。

いろいろな神経系

単細胞の原生動物や多細胞でも海綿動物には, 神経系は見られない。最も原始的な神経系は、散在するニューロンが互いに網状に連結しあっているだけの簡単なもので、散在神経系とよばれる。ニューロンが集まって中枢とよばれる部分(権 経節や脳)をもつ集中神経系には次のようなものがある。

  • かご形神経系…プラナリアなどのへん形動物で見られる神経系で、頭部の神経節から前後にのびる数対の神経とそれを横につなぐ神経とからなる。
  • はしご形神経系…環形動物や節足動物などで発達する神経系で、頭部の神経節(層) からのびる1対の神経と、体節ごとにある1対の神経節を横につなぐ神経とからなり、各神経節から末しょう神経が出ている。
  • 神経節神経系…軟体動物に見られる神経系で、内臓や頭部・足部にある神経かり末しょう神経が出る。
  • 管状神経系…脊つい動物

確認【高校生物】神経細胞(ニューロン)のまとめ

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク