【日本史】明治時代の近代文化

シェアする

スポンサーリンク

【日本史】明治時代の近代文化についてまとめています。

明治時代の近代文化

思想と信教においては、中江兆民は、『民約訳解』でフランス革命の原理となったルソーの思想を紹介した。 自由民権運動の理論的指導者で、「東洋のルソー」と言われた。

19世紀後半には、人間の自由・平等を説いた天賦人権思想が導入された。 徳富蘇峰は、民友社をつくり、雑誌『国民之友』の発行などの出版活動を行って、平民主義を説いた。、内村鑑三などキリスト教徒の思想家もあらわれた。

スポンサーリンク

教育

教育勅語を発布し、忠君愛国の精神を教育の基本においた。森有礼は小学校令を公布し、原則として義務教育を4年と定めた。1886年に、政府は文部大臣森有礼のもとで一連の学校令を公布し、東京大学を帝国大学に改組した。近代になると教育令で4年間の義務教育制度が導入されたことに。より、識字率は大幅に高まった。1903年には、文部省が国家主義教育を強化するために、小学校の教科書を国定化した。 日露戦争後、義務教育の年限は6年になり、就学率は9割をこえた。

学校

  • 津田梅子は岩倉使節団に随行してアメリカに留学し、帰国後には女子英学塾を創設した。
  • 福沢諭吉は、慶應義塾を創立した。
  • アメリカ滞在中に岩倉使節団の随員に任命された新島薬は、キリスト教を熱心に学んで帰国し、キリスト教主義にもとづく同志社 (同志社英学校)を設立した。

学問

幕末から明治初期にかけて欧米に留学した体験をもつ人々の多くは、政府・民間にかかわらず、西洋近代の制度や思想を積極的に紹介し、それを政策に生かそうとした。明治政府に雇われた外国人技術者(「お雇い外国人」)が、欧米の産業技術の導入に貢献した。日本の近代化の進展のために、「お雇い外国人」にかわって近代化の担い手となったのが、新しい技術や文化を学んで帰国し、教員や技術者として活躍した留学生たちであった。明治時代初期には、アメリカ型の農業技術の導入を目的に、札幌農学校”が設立された。

お雇い外国人

  • クラークは、札幌農学校の創設に参加した。
  • ベルツは、東京帝国大学で医学を講義した。
  • 口エスレルは、大日本帝国憲法の起草に貢献した。
  • ボアソナードは、民法制定の顧問に就任した。
  • アメリカ人宣教師のヘボンは幕末の開港後に日本を訪れ、日本語をアルファベットで表記するヘボン式ローマ字を発明した。

医学

明治以降、医学の発達はめざましく、北里柴三郎・志賀潔らにより、新たな病原菌の発見があいついだ。鈴木梅太郎がオリザニンの抽出に成功し、ビタミン学説の基礎を確立した。日露戦争前の時期には、長岡半太郎が原子模型の理論を発表し、物理学で大きな貢献をなした。明治後期に高峰譲吉は、アドレナリンを発見した。田口卯吉は、文明史論を叙述する立場から『日本開化小史』を著した。久米邦武が神道に批判的な論文を書いて非難され、大学を辞職に追い込まれた。

文学

明治初期に発行された新聞は、政治評論中心のものからしだいに報道・娯楽中心のものにかわっていった。仮名垣魯文はその作『安愚楽鍋』などで、文明開化の新風俗を巧みに描写した。坪内逍遙は『当世書生気質』を著して明治期の学生像を描いた。1887年に発表された二葉亭四迷の『浮雲』は、言文一致体という新たな形式で書かれた小説である。

20世紀初頭から1910年代にかけての時期には、ゾラなどの影響をうけた自然主義の小説が文壇の主流になった。その代表的作品 に田山花袋の「蒲団」がある。久米邦武は、「神道は祭天の古俗」と論じて、神道家たちから攻撃を受けた。樋口一葉 は、『にごりえ』や『たけくらべ』で知られる女性文学者である。

美術

狩野芳崖は、『悲母観音』が代表作である。高橋由一は、江戸時代末期に幕府によって設立された番書調所内 の画学局に入学し、洋画を学んだ。彼は、明治になって新しく造 られた道路や橋、トンネルなどの土木事業を描いた作品も多く残している。黒田清輝は、印象派(外光派)の画風を伝えた。 コンドルはニコライ堂を建築した。近代日本の芸術や文芸思潮は、外国人の貢献や外国に学んだ経験に負うところが多かった。たとえば、建築では、イギリスで勉学 「した辰野金吾の設計による「日本銀行本店」「東京駅」などの作品が生まれた。

彫刻家の荻原守衛や西洋画家の黒田清輝らは、渡欧して西洋美術の作風を学んだ。1907年、西園寺公望内閣のとき、第一回文部省美術展覧会(文展)が開催され、美術界へ大きな影響を与えた。明治期には伝統的な歌舞伎も依然人気があったが、西洋演劇も始まって、大正期には女優松井須磨子らが活躍した。岡倉天心らは、日本美術院を結成して伝統美術の発展をはかった。

まとめ

  • アメリカ人のフェノノサ…岡倉天心とともに、日本の美術の復興に努める。また、日本画の横山大観(無我)、狩野芳崖、彫刻の高村光雲が近代的な日本の美術を切り開きました、
  • 黒田清輝…印象派の画風を紹介し、「湖畔」などを描きました。
  • 荻原守衛…欧米の近代的な彫刻を制作。
  • 滝廉太郎…「荒城の月」や「花」を作曲。
  • 言文一致…文語の表現にかわって、話すように文章を書く。二葉亭四迷が小説で使用。
  • 日清戦争前後…個性を重んじるロマン主義が主流。与謝野晶子、樋口一葉(たけくらべ)、島崎藤村など。
  • 日露戦争前後…社会の現実を直視する自然主義が主流。その一方で、夏目漱石(坊ちゃん)、森鴎外が知識人の姿をえがいた小説を発表。
  • 教育の普及…1907年に義務教育を6年に延長。小学校就学率は97%に達する。中等、高等教育の拡充。女子教育の重視。
  • 科学の発展…北里柴三郎、野口英世など日本人による最先端の世界的な研究が登場しました。

その他の時代の文化

スポンサーリンク

シェアする

フォローする