【高校地理】入試やテストに出る「鉱産資源」ランキング

シェアする

スポンサーリンク

【高校地理】入試やテストに出る「鉱産資源」ランキングについてまとめています。

鉱産資源の産出ランキング

資源名 1位 2位 3位 4位 5位
鉄鉱石 中国 オーストラリア ブラジル インド ロシア
銅鉱 チリ 中国 ペルー アメリカ オーストラリア
金鉱 中国 オーストラリア アメリカ ロシア 南アフリカ
銀鉱 メキシコ 中国 ペルー オーストラリア ロシア
ボーキサイト オーストラリア 中国 インドネシア ギニア ジャマイカ
スズ鉱 中国 インドネシア ペルー ボリビア ブラジル
ニッケル鉱 インドネシア フィリピン カナダ ニューカレドニア キューバ
ダイヤモンド鉱 ロシア ボツワナ コンゴ民主共和国 カナダ アンゴラ
リン鉱 中国 モロッコ アメリカ ロシア ブラジル
スポンサーリンク

鉄鉱石

鉄鉱石の埋蔵は主に安定陸塊に集中している。スウェーデン北部やオーストラリア北西部など。生産上位国は中国、オーストラリア、ブラジルであるが、中国は世界最大の輸入国でもある。主な輸出国はオーストラリア、ブラジル。

銅鉱

世界最大の産出国はチリ。北部の乾燥地域に巨大な鉱山がある。電線の材料として重要な資源である。銅山からは鉱毒がもれ出すため、多雨地域での採掘は困難。乾燥地域で露天掘りが行われている。

金鉱

上位産出国であるオーストラリアやアメリカ合衆国、南アフリカ共和国では、旧イギリス領でヨーロッパ系白人の支配により、先住民や有色人種が迫害されたという歴史が共通している。

アメリカ合衆国で西部が開拓された背景 の一つに、当時カリフォルニア州などで発見された金鉱の存在がある。先住民アメリカインディアンが土地を奪われ、現在でも 保留地に封じ込められる者が多い。

銀鉱

主な産出国は、メキシコやペルー。それぞれアステカ文明、インカ文明が栄えた国であるが、銀を中心とした貴金属を求めるスペインによって侵略された。銀には抗菌作用があり、食器の材料として重用された。

ボーキサイト

酸化物を含む鉱産資源であり、熱帯の酸性土壌であるラトソルの分布地域と産出地域が一致する傾向がある。オーストラリア北部やギニア、ジャマイカなど。酸化アルミニウム (アルミナ)を含む物質で、これを製錬することによってアルミニウ ムが得られる。

ニッケル鉱

カナダの他、オーストラリア東方のニューカレドニア島(フランスの海外県)で産出される。レアメタルの一種で合金(ニクロム線)となる。

ダイヤモンド鉱

国別ではロシアだが、大陸別ではアフリカ大陸での産出が多い。アフリカ大陸中央部のコンゴ民主共和国は旧ベルギー領であり、今も鉱山は主にベルギーによって支配 されている。ベルギーはダイヤモンドの加工品の生産と取引において世界的な中心地である。

まとめ

  • 中国…鉱産資源が豊富。近年、急速に工業が発達しているが、環境問題が深刻。中国は鉱産資源にめぐまれた国で、石油・石炭・鉄鉱石の生産量は世界有数である。
  • アメリカ…鉱業は、石炭。石油・ウランといった鉱産資源に恵まれる。
  • ブラジル…鉄鉱石・ボーキサイトなど鉱産資源が豊富。鉄鉱石の生産は世界有数。
  • オーストラリア…鉱床が地表の近くにあるため露天掘り。
  • チリ…南北に細長い国。銅の生産量が世界一。
  • ペルー…かつて栄えたインカ帝国の遺跡が多く残る。金の生産量は世界一。2008年の調査では、漁業の生産量世界第2位。
  • ベネズエラ…南アメリカ最大の産油国。輸出の上位は石油・石油製品がしめている。
    鉱産資源に頼る国が多い(モノカルチャー経済)

あわせて確認

スポンサーリンク

シェアする

フォローする