【高校倫理】ロックの社会契約説

シェアする

スポンサーリンク

【高校倫理】ロックの社会契約説についてまとめています。

ロック

ロックは、イギリスの哲学者である。政治思想家としては『統治論(統治二論・市民政府二論)』などを著し、ホッブズの影響を受けつつも、ホッブズとは異なる国家論を展開した。

スポンサーリンク

人間の本性と自然権

ホッブズが人間を利己的な動物と見たのに対し、ロックは人間を本来理性的な存在であると見た。ロックの考える自然権は、個人の生命・自由・財産の所有などの権利である。それはホッブズの考えるような無制限な権利ではなく、他人の権利を侵害しない限りで認められるものである。自然権は「他人の権利を侵してはならない」という理性の声(=自然法)に従うものとされた。

自然状態

ロックの考える自然状態は、基本的に自由・平等で平 和であり、自然法のもと自然権が比較的よく守られている。しかし自然状態においても、人間は理性の声に常に従うとは限らず、他人の権利を侵害する者が出てきたり、財産をめぐる紛争が生じたりする場合もある。 そうした場合に備えて、自然権を守るため自然法にもとづく法律(実定法)を定め、それを執行し紛争を調停する権限を持つ公的な機関が必要となる。

社会契約

ロックは、社会契約を次のように考えた。

自然権を守るため、人々は社会契約を結んで国家をつくり、国家の代表者である政府に自然権の一部を委譲し、法律を制定・執行して自然権を保護する権限を政府 にゆだねた(信託)。この信託とは、人々(国家に対する人民)が政府を信頼して自然権の一部の執行を 任せただけであり、主権はあくまで人民にある(人民主権)。このため、政府が契約 に反して権力を濫用し、人民の自然権を侵す場合は、人民はそれに抵抗することが でき(抵抗権)、政府を交代させることもできる(革命権)。

権力の分立

ロックは権力の濫用を未然に防ぐため、国家の権力を立法権・執行権(行政権)・連合権(外交権)の3つに分割し、3つの権力を別々の人が持つ ようにする権力の分立を主張した。

  • 権力分立の目的…国家権力を分散し、分散した権力を相互に抑制し合い、均衡を保つことによって、国家権力の濫用を防ぎ国民の権利と自由を守ることになります。

ロックの理論の影響

王権神授説を否定し、人民主権(主権在民)を説き、革命権を肯定したロックの理論は、名誉革命を正当化し、その後のイギリス式の議 会制民主主義(間接民主主義)の発展を理論的に基礎づけた。また、アメリカ独立宣言やフランスの人権宣言にも大きな影響を与えた。

名誉革命

新しく即位した国王は、再び専制政治を始めたため、議 会と国王の対立が続きました。そこで議会は、1688年に国王を追放し、オランダから新国王をむかます。この革命は流血なしで行われたため、名誉革命とよばれました。この国王は議会の立場を重んじ、国民の自由と権利を守るために、議会がつくった「権利の宣言」を認め、1689年に「権利の章典」として発布。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク