【高校古文】助動詞「めり・らむ・なり」

シェアする

スポンサーリンク

【高校古文】助動詞「めり・らむ・なり」についてまとめています。

助動詞「めり・らむ・なり」

  • 助動詞「めり」…目に見えるものの推定を表す助動詞。
  • 助動詞「らむ」…目に見えないものを想像して推定する助動詞。
  • 助動詞「なり」…聞こえてきたもので推定を表す助動詞。
スポンサーリンク

助動詞「めり」の例

山陰の暗がりたる所を見れば、蛍は驚くまで照らすめり。(蜻蛉日記)
<訳>
山陰の暗くなっている所を見ると、蛍はびっくりするほど(あたりを明るく)照らしているようだ

  • 蜻蛉日記…平安時代に成立。作者は藤原道綱の母、名前は明らかになっていません。上中下の3巻からなり、主な登場人物は作者本人とその夫、藤原兼家です。夫婦と家族の物語を和歌で綴る、女流日記文学の最高峰。

助動詞「らむ」の例

さて、月ごろ経て、「今はよくなりぬらむ」とて見れば、 よくなりにけり。(宇治拾遺物語)
<訳>
そうして(ヒョウタンをつるしておき)、何ヶ月も経って、「今頃はちょうどよくなっているだろう」と思って(中を)見てみると、(ちょうど)よくなっていたのであった。

助動詞「なり」の例

我のみや 夜用は漕ぐと 思えれば 沖辺の方に 福の音すなり (万葉集)
<訳>
私だけ夜に舟を漕いでいるのだろうかと思われたが、沖の方でも指の音がするようだ

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク
トップへ戻る