大学入試・小論文出題ネタ|女性問題のポイント

シェアする

スポンサーリンク

大学入試・小論文出題ネタ|女性問題のポイントについてまとめています。

女性問題のポイント

女性問題は女子大・短大では頻出中の頻出。だが、それ以外でも、法学部などで近年、女性の人権、セクハラ問題といった形で出題される。

スポンサーリンク

女性差別の実態

男女雇用機会均等法の1986年から実施されて多少の改善はされたが、まだ男女の就職の機会は平等ではない。女性はさまざまな点で差別されている。女性が差別されるのは、女性は家にいて、家事や育児を行うべき存在とみなされ、社会に進出すべきだとは思われていなかったためだ。 しかも、女性は子どもを産むために、企業にとって男性に比べて効率がよくない。結婚して、子どもをつくって仕事をやめる。子どもの病気、学校の行事といったことで、仕事が男性並みにできない。そんなわけで、企業は女性を雇おうとない。雇っても重要な地位につけない。

男女平等を目指して

いまだに性別役割分担の考えが残る。「男性は仕事, 女性は家事と育児」 。採用や昇進などで女性が不利。セクシュアル・ハラスメントも問題→1985年, 雇用機会均等法, 1999年, 男女共同参画社会基本法制定。男女が対等に参画し活動できる社会をめざし、育児休業の取得促進、保育所の整備などが求められる。
確認【高校現社・公共】基本的人権と個人の尊重

男女の役割分担

すべての女性が家で子どもを育てるのに向いているわけではない。「男は社会に出て仕事をし、女性は家で家事をする」という役割分担も人為的なものでしかない。女性は、しとやかであるように教育されてきたにすぎない。もちろん、女性は子どもを産むことが できるし、筋力などが肉体的に男性に比べて弱いのは、否定できない。男と女は、肉体的にも、精神的にも異なる。だが、そうした違いを認めて、女性らしさを強 制せず、みんなが自分らしく生きる必要がある。そのためには、強制的な男女の役割分 担をなくす必要がある。

男女平等の社会

「男は外で働いて…」という分担をやめて、男女が協 力して働き、協力して家事をし、協力して育児をしようとする。そのためには、スウェーデンなどのように、男性にも育児休暇を認めるという制度を設ける必要 があるだろう。そうすることによって、男性も「社会で働いて、妻子を養わなければ男として恥ずかしい」という重圧から解放されることになる。男と女が自分に適したことをして、そ れぞれ正当に評価される社会、それこそが男女平等の社会と言えるだろう。

おさえておきたいキーワード

男女の役割分担

「男はこうあるべきだ」「女はこうあるべきだ」という役割を強制したら、一人一人の個性を認めないことになる。性によって決めつけるのでなく、個性を重視すべきだ。

家制度

女性は家制度の犠牲者だと言われる。結婚は他家に入ることであり、自分の生まれた 家から出されることを意味する。家を重視するのでなく、個人を視することが女性差別から 女性を解放することにつながる。

セクシャル・ハラスメント

男性が女性を仕事 のパートナーではなく、セックスの興味の対象として考えて、仕事上の地位を利用して女性との関係を迫る。女性を同僚としてみない男性のあり方に問題があると考えられる。

夫婦別姓

現在は、ほとんどの妻が夫の名前を名乗っている。だが、それは家制度の名残なので、妻も自分らしさを守って、夫と別の姓を名乗っていいのではないかという意見がある。これには、「家族は一つであるべきだ」という反論があり、議論されている。

その他のネタ

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク