【高校政治経済】日本の政党政治の歴史

シェアする

スポンサーリンク

【高校政治経済】日本の政党政治の歴史についてまとめています。

戦後の政党政治

スポンサーリンク

多党分立の時代

第二次世界大戦後の民主化政策により、政治活動の自由が認められ、政党の再発足や新党の離合集散が1948年ごろまで続いた。

55年体制と保守政権の時代

1955年に左右に分裂していた日本社会党が再統一し、これに対抗して保守勢力が合同して自由民主党(自民党)が成立。この体制は55年体制と呼ばれた。実際には社会党は自民党の半数の議席しかなく1と2分の1政党制といわれ、自民党による長期政権が続いた。

多党化の時代

野党を中心にして新政党が生まれた。1960年、社会党から民主社会党(民社党)が分立。また1964年、公明党が成立。1976年、新自由クラブが自民党から分立した。1983年に新自由クラブは中曽根内閣の下で自民党と連立し、1986年には自民党に再合流した。

55年体制の崩壊

ロッキード事件、リクルート事件、佐川急便事件など、金権汚職事件が発生して、政治腐敗が大きな問題となり、政治改革の動きの中で保守系の新政党が相次いで結成された。1993年、保守合同以来38年ぶりに政権が交代し、非自民・非共産の連立政権による細川内閣が誕生した。

自社連合から自公連立へ

1994年、村山内閣が誕生。自民、社会、新党さきがけによる連立政権であった。その後、1998年に自民党は社会党さきがけとの連立解消。1999年に自公連立政権(この時点では自民党、公明党、保守 党の自公保連立政権)に移行した。

小泉内閣と構造改革

2001年、自公連立で第1次小泉内閣が誕生し、高支持率を背景に市場原理を重視した構造改革と呼ばれる一連の改革に着手。第2次小泉内閣は2005年、衆議院選挙で大勝し、郵政民営化を推進した。小泉政権は戦後歴代3位の長期政権となり、その後も安倍・福田・麻生内閣と続いた。→自公連立も継続

民主党政権

2009年、衆議院総選挙で民主党が第一党となり、政権交代が実現して、鳩山内閣が誕生した。しかし、民主党政権は普天間基地移設問題など
で支持率を失い, 2010年の参院選で惨敗した。このため衆議院では与党の自民党が、参議院では野党が多数となるねじれ国会と呼ばれる状況となった。鳩山内閣の後の菅・野田内閣も東日本大震災や原発問題などで批判を浴びた。

第2次安倍政権

2012年12月の衆議院議員選挙で民主党は大敗し、自公連立の第2次安倍政権が誕生した。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク