【高校生物】生物と環境

シェアする

スポンサーリンク

【高校生物】生物と環境についてまとめています。

生態系

一定地域内に生活する生物と環境から成る1つのまとまり。

  • 生物群集(一定地域内の同種・異種の生物の集団)」
  • 無機的環境(温度、湿度、光、土壌、大気、水、栄養分など)
スポンサーリンク

生物と環境の関係

  • 作用…無機的環境が生物に影響を与えること
    (例)光周性による植物の開花、動物の冬眠、鳥の渡り
  • 反作用(環境形成作用)…生物が環境に影響を及ぼすこと
    (例)森林内の照度低下・湿度上昇・気温の変動幅縮小
  • 相互作用…生物どうし(同種または異種)の間のはたらきあい
    (例)捕食-被食関係、縄張り、競争

生物の適応

生物は生活環境に合わせた形態や生活様式を示す。

生活形

環境に適応している植物の形態。常緑高木・落葉高木・低木・つる植物・一年生草本・多年生草本など。

  • ラウンケルの生活形…低温・乾燥などの悪条件下での植物の休眠芽(抵抗芽ともいう)の位置で分類。寒冷地では地表植物の暖地では地上植物の割合が多い。

植物の陽葉と陰葉

1本の木につく葉でも, 強い光の当たる陽葉は日陰についた陰葉より厚く、小さく、補償点・光飽和点が高い。

指標生物

生息状況から環境を推測できる生物。

<水生昆虫の種類と水質>

  • ヒラタカゲロウやヘビトンボが生息 → CODが小(有機物量が少)
  • ユスリカやイトミミズが生息→ CODが大(水質が汚濁している)
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク
トップへ戻る