【高校倫理】青年期の課題

シェアする

スポンサーリンク

【高校倫理】青年期の課題についてまとめています。

青年期の発達課題

人間がその一生の各段階で達成すべきものとされる課題を発達課題という。 青年期に必要な発達課題については、たとえば次のような説がある。 1

スポンサーリンク

オルポートの説

アメリカの心理学者オルポート(1897~1967)は、「成熟した パーソナリティ」の特徴として、次の6つをあげている。

  1. 自己の内的な世界だけではなく、社会的領域へ自己意識を拡大している。
  2. 他者を尊重し、自己と他者との間に温かい関係を築くことができる。
  3. 情緒的に安定し、自己を受容することができる。
  4. 現実を正しく知覚し、課題の解決に必要な技能と、没頭できる仕事を持つ。
  5. 自己を客観視することができ、洞察とユーモアの能力を持つ。
  6. 統一的な人生観・人生哲学を確立する。

ハヴィガーストの説

アメリカの教育学者ハヴィガースト(1900~91)は、発達段階ごとに発達課題を提示した。ハヴィガーストによる青年期の発達課題は、次の10つ。

  1. 自己の身体的変化を受け入れ、それを有効に使うこと。 2
  2. 男性または女性としての社会的役割を学ぶこと。
  3. 同年代の男女と洗練された新しい関係を結ぶこと。
  4. 両親や他の大人たちから、情緒的に自立すること。
  5. 経済的独立についての自信をつけること。
  6. 職業を選択し、その職業につく準備をすること。
  7. 結婚や家庭生活のための準備をすること。
  8. 市民として必要な知識や技能、考え方を身につけていくこと。
  9. 行動の指針となる価値や倫理の体系を学ぶこと。
  10. 社会的に責任ある行動をとろうと求め、それを成しとげること。

エリクソンによる青年期の考察

ドイツ生まれのアメリカの精神分析学者エリクソン(1902~94)によれば、青年期の主な発達課題はアイデンティティの確立である。アイデンティティは、自我同一性・自己同一性または主体性などと訳される。アイデンティティは、次の3点の自覚から成り立っていると考えられる。

アイデンティティの3要素

  1. どんな状況でも自己は他者と異なる独自の存在である(自己斉一性)。
  2. 過去も現在も、自分は一貫した同一の存在である (時間的連続性)。
  3. 社会に帰属して他者から の承認を受け、「自分は 何者か」ということについて、自分自身が持つ観念と、他者が持つ観念と が一致している。

アイデンティティの危機

子どもから大人への過渡期である青年期には、「自分は何者か」ということが分からなくなりやすく、周囲の考えとの間にも溝を感じて、強い不安や葛藤が生じやすい。こうした状態を、エリクソンはアイデン ティティの危機(アイデンティティ拡散)とよんだ。

ライフサイクル

エリクソンは、人の一生を8つの発達段階を持つライフサイクル(人生周期)ととらえ、人間は各段階の発達課題を達成しながら自己を実現していくと考えた。

あわせて確認

  1. 【高校倫理】適応行動
  2. 【高校倫理】西洋哲学の人間観
  3. 【高校倫理】パーソナリティ
  4. 【高校倫理】青年期と何か・青年期の特質
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク