【高校倫理】ハーバーマスの思想のポイント

シェアする

スポンサーリンク

【高校倫理】ハーバーマスの思想についてまとめています。ドイツの哲学者・社会学者ハーバーマス(1929年生まれ)は、フランクフルト学派の第2世代に属する人物です。主著は『公共性の構造転換』『コミュニケーション的行為の理論』など。

対話的理性

ハーバーマスによれば、近代社会には、人々が合意によって行為を調整するルールをつくり、社会統合をめざすコミュニケーション的合理性の領域が存在する。この領域において、他者との理にかなったコミュニケーションや合意を可能にする理性が対話的理性である。対話的理性にもとづく自発的な合意の上に、社会の公共性が築かれる。

スポンサーリンク

生活世界の植民地化

近代社会には権力や貨幣などの働きで人々の行為が調整され、社会システムが統合されるシステム合理性の領域も存在する。政治的支配や経済成長を目的とする現代の社会では、システム合理性の領域が拡大し、対話的理性にもとづく公共社会が侵食される、生活世界の植民地化という問題が起こっているとハーバーマスは指摘する。

ヤスパースの思想についてまとめています。ヤスパースは、実存主義者であり、「実存的交わり」「限界状況」「絶対的意義」の三概念で表現しました。そ...
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク
トップへ戻る