【高校政治経済】資本主義経済の成立と発展

シェアする

【高校政治経済】資本主義経済の成立と発展についてまとめています。

資本主義経済

経済活動は、財・サービスの生産、流通、消費を行うこと。

スポンサーリンク

資本主義経済の特徴

  • 私有財産制…土地・労働力・資本などの生産手段の私有が保障される。
  • 営利の追求…企業の自由な利益追求。企業は、得られる利潤(利潤=売り上げ-生産費用)を最大化しようとする。
  • 商品経済…販売することを目的に財やサービスを生産する経済。
  • 市場経済…経済活動の自由が保障されており、政府は原則的に介入しない(自由競争)。市場を通じて、価格・賃金・資源の配分が調節される。

資本主義経済の発展と問題点

商品経済の形成は、中世末期には商業資本家によって商業資本が蓄積された。

工地囲い込み(エンクロージャー)

18~19世紀、イギリスでは資本主義的農業生産を行うために土地の囲い込みが行われた。この囲い込みにより、多くの農民が都市に流れ、労働力の担い手となった。

産業資本主義の時代

大土地所有者や富裕層は毛織物工業などで資本を蓄積し、産業資本家へと成長。工場を建て、労働者を雇用し、分業・協業によって効率的生産活動を行う。これを工場制手工業(マニュファクチュア)という。

アダム=スミス

18世紀のイギリスの経済学者。1776年、著書「国富論(諸国民の富)」の中で、自由な経済活動の必要性を主張。

  • 労働価値説…金銀や貿易差額を蓄積することで富が増えるという重商主義の考えを否定し、労働が商品の価値を決めるとした。
  • 自由放任政策(レッセ・フェール) …神の「見えざる手」の働きにより、各個人の自由な経済活動が社会全体の利益になり、適切な配分につながると主張。政府は経済活動には介入するべきではないとした(古典派自由主義)。
  • 夜警国家…国家は経済活動に干渉せず, 国防・治安・外交などの最低限の活 動に専念するべきであるとし、小さな政府(安価な政府)を理想とした。ドイツのラッサールは、こうした国家のあり方を批判し、夜警国家と呼んだ。

産業革命とは

18世紀後半からイギリスで始まり、工場制機械工業の時代を迎えた。工場の効率化・大量生産方式で飛躍的に生産効率が高まり、資本の蓄積・集中が進んだ。土地・機械・原材料などの生産手段をもつ資本家階級(ブルジョワジー)ともたない労働者階級(プロレタリアート)の分化が見られた。

独占資本主義の時代

19世紀になると、少数の巨大企業が資本・生産・市場を支配する時代となった。市場の寡占化が進む中で、産業資本と銀行資本が結合し、金融資本が形成されていった。

  • 労働問題…生産手段をもたない労働者は、資本家に低賃金で雇用され、貧富の格差が増大した。また技術革新が進んだため、熟練労働者が必要なくなった工場では、少年工・工女が低賃金で長時間労働させられた。これらは労働条件の改善を求める労働運動や工場法の制定などにつながった。
  • マルクスの登場…マルクスは、資本家の富は労働者からの労働価値の搾取の結果であると考えた。労働価値の労働者への公平な分配のためには、革命によって生産手段を国有化し、労働者によるプロレタリアート独裁を実現すべきであると主張した。
  • 帝国主義…市場と原料の供給地を求める独占資本に動かされ、先進工業国の各国(列強)は、植民地獲得競争を展開。レーニンは、独占資本主義の段階を「資本主義の最高段階としての帝国主義」と呼んで批判。帝国主義的な世界体制は、第一次、第二次世界大戦を発生させる誘因となった。

資本主義経済の弊害

  • 市場の独占化…19世紀末~20世紀前半にかけて、自由競争が阻害される独占資本主義の段階へ。
  • 景気変動…需要と供給の不均衡から好景気と不景気が交互に繰り返すこと。1929年にアメリカから始まった恐慌は世界中を巻き込んだ(世界恐慌)。
  • 貧富の差の拡大…資本家階級と労働者の階級に分化が進んだ。

修正資本主義

世界恐慌以後、資本主義に政府による経済への介入が求められるようになった。古典的自由主義とは異なる社会自由主義(福祉国家的自由主 義)への転換が見られた。

混合経済の時代

ケインズの経済思想で世界恐慌後の1936年、イギリスの経済学者ケインズは著書「雇用・利子および貨幣の一般理論」の中で、有効需要の原理を説き、伝統的な自由放任政策を捨て、政府による積極的な国民経済への介入を主張した。

  • 有効需要…実際の貨幣の支出をともなう需要。一国の経済規模(国民所得)は、貨幣の支出を伴う消費需要と投資需要の総和、すなわち有効需要の大きさで決まるとした。消費+投資+政府支出+純輸出(輸出-輸入)の合計。
  • 政府による有効需要の創出…失業者が増加し、総需要が低下した場合、有効需要の創出と完全雇用(働く意思と能力をもつ労働者すべてが雇用されている状態)の達成のために、政府支出で公共事業を行って景気を回復させる。
  • 混合経済…公的経済部門と民間経済部門の併用。修正資本主義の特徴。

有効需要政策

実際の支払い能力を伴った需要を有効需要という。今日の資本主義経済は、政府が経済に介入し調整を行う修正資本主義経済(混合経済)である。このもとで政府は、例えば不況時には公共投資の拡大や減税などによって需要を創出して景気回復を図り、景気過熱時にはその逆の施策をとる。このように政府が積極的に経済に介入する政策を有効需要政策といい、これはケインズによって理論付けられた。

ケインズ

ケインズは、不況や失業の原因は有効需要の不足にあり、こうした問題を解決するためには政府による積極的な財政・金融政策が必要であると考えた。そこで、不況時には、公共投資などにより有効需要を増やして、完全雇用を実現すべきと主張した。ニュディール政策では、金利自由化ではなく、この有効需要政策によって景気回復が図られた。

ニューディール政策

アメリカ大統領フランクリン=ローズベルトによって行われた世界恐慌の克服政策。

  • 福祉国家的施策…テネシー川流域開発公社(TNA)法、全国産業復興法、全国労働関係法、社会保障法の制定など。労働基本権や社会権の具体的実現のための立法・施策が進んだ。
  • 大きな政府…政府が経済や福祉に積極的に介入するさきがけになった。

新自由主義の時代

大きな政府から小さな政府への回帰

ケインズ主義的政策で繁栄し豊かになった西側諸国だったが、経済成長しながらも財政赤字を増やしていった。

オイル・ショック

1973年のオイル・ショックで各国経済は打撃を受け, 財 政赤字は更に増大するようになった。とくに巨額の財政赤字を出すようになったアメリカは、緊縮財政から財政健全化へと転換する必要が出てきた。

スタグフレーション

不況下でインフレが進む現象。先進諸国では賃金は下がりにくく(賃金の下方硬直性)、そのため雇用率は上がらずインフレが進んだ、石油などの一次産品の価格の上昇が先進国の賃金水準や福祉国家的政策と複合しておきることが多く、購買力の低下をもたらす。

新自由主義

市場機構を重視して小さな政府をめざす。1970年代後半から台頭。

フリードマンの主張

  • 公共事業の停止…フリードマンは、公共事業を常用することは、インフレを押し上げ、かえって完全雇用を達成できないと主張。スタグフレーションや望ましくない景気変動を招いていると考えた。
  • マネタリズム…貨幣供給量を経済成長率に合わせて一定に保つように提言。物価の安定に有効で、景気変動を抑えることができると主張。

新自由主義的施策

アメリカではレーガン大統領によるレーガノミクスが進められた。1970年代末に誕生したイギリスのサッチャー政権、緊縮財政、規制緩和、民営化、社会保障の削減などの新自由主義的政策を進め、サッチャリズムと呼ばれた。

日本の新自由主義

中曽根政権の下、三公社(日本電信電話公社、日本専売小社、国鉄)の民営化。小泉政権の下、特殊法人の廃止、郵政の民営化。

社会主義経済の成立

経済的平等と私有財産制度の青電を掲げ、華済体制を整革しようとする思想、資本主義経済の問題点を克服するものとして主張。

社会主義経済の特徴

生産手段の社会的所有労働帯への公平な分配を目指すことが目的、生産手段を私的に所有する資本家・地主は存在しない、労働力の高晶化や利潤の追状が起きず、公平に労働者に分配されると考えられた。ソ連のコルホーズ、ソフホーズなどの農業の集団化や中国の人民公社などが顕著な例。計画経済・市場の自動調節機能による資源配分に任せず、政府が資源の配分をすべて計画する、このため景気変動はない。

  • 農牧業の特色…コルホーズ・ソフホーズによる集団的生産から市場経済へ移行。住宅付属地(自家菜園地)での生産が食卓を支える。

マルクス

資本主義経済を批判し、労働者の団結による革命により、社会主義社会を建設することを主張した。

  • 資本主義批判・分析…マルクスは「資本論」の中で、資本家の得る剰余価値(利潤)は労働者からの労働価値の収奪の結果であるとした。また資本主義社会の詳額な分析・批判、共産主義革命の目的について述べた。
  • マルクスとエンゲルス…1848年に「共産党宣言」を発表。「万目の労働者よ、団結せよ!」と述べてプロレタリア革命を唱えた。
  • 科学的社会主義…エンゲルスは「空想から科学へ」で、マルクス・エンゲルスの社会主義思想を科学的社会主義と呼び、それまでの社会主義思想を空想的社会主義と呼んで区別した。

社会民主主義

資本主義の矛盾を議会制度によって解消しようとする考え。

  • ベルンシュタイン…労働者階級が中心となり、議会活動によって社会の改良を図ることを唱えた。主流派から修正主義と批判されることがある。
  • フェビアン協会…1884年、イギリスで設立。議会を通して漸進的に社会主義を実現すべきことを主張した。

社会主義国家の誕生

  • ソ連…1917年、ロシア革命。1922年、世界最初の社会主義国家、ソビエト社会主義共和国連邦(ソ連)が成立。
  • 社会主義国の拡大…第二次世界大戦後、東欧や東アジア、キューバなどで成立。

社会主義諸国の市場経済への移行

  • ソ連…計画経済や生産の非効率性、技術の発展の遅れから経済が停滞した。利潤道入方式を取り入れ、1980年代にはペレストロイカ(改革)を推進して経済の活性化を進めたが、失敗。1980年代から90年代にかけて、東欧諸国は市場経済に移行した。1991年にソ連は解体した。

中国

社会主義を維持しながら、改革開放政策がとられ、市場経済の導入を進めている。

  • 経済特区…外国資本を積極的に導入するため、中国南東沿岸部に設置。
  • 社会主義体制下での市場経済…1990年代に急速に社会主義市場経済への移行が進む。近年、急激な経済成長を遂げ、世界第2位のGDPに成長。
  • 一国二制度…香港・マカオでは社会主義と資本主義が共存して維持されている。特別な行政区として、大幅な自治権を有する。
  • WTO加盟…2001年。2005年, 人民元切り上げ。

ベトナム

1980年代から、外国資本の導入と市場経済化をはかるドイモイ (刷新)政策を進め、経済成長を続ける。

スポンサーリンク

シェアする

トップへ戻る