【高校地理】運河まとめ

シェアする

スポンサーリンク

【高校地理】運河まとめです。

運河

工業の発展には、18世紀からすでに建設が始まっていた運河によって大量輸送が可能になったことが極めて大きく作用している。

スポンサーリンク

パナマ運河とスエズ運河

運河の両側の水位が異なるため人工的に水位を調整する水門を設けているパナマ運河の方式は開門式運河とよばれている。一方、そのような設備を必要としないスエズ運河の方式は水平式運河とよばれている。マゼラン海峡は、パナマ運河の建設以前は航路としての役割も大きかった。

カラク-ム運河

トルクメニスタンでは、カラクーム運河を造ってアムダリア川の水をひき、裁くの緑地化をすすめてきた。

マイン・ドナウ運河

1990年代に入りライン川はマイン・ドナウ運河で黒海とも結ばれた。

マルヌ・ライン運河とローヌ・ライン運河

ライン川を遡上すると、アルザス地方の中心地で河港を中心に金属・機械・食品・印刷等の工業が発達した都市ストラスブールがある。この都市はマルヌ・ライン運河とローヌ・ライン運河の二つの運河の起点となっている。

ミッテルラント運河

ミッテルラント運河は、北ドイツ平野南部を東西にエムス川・ヴェーザー川・エルベ川を結ぶ全長300kmあまりの運河であり、ニーダーザクセン州の州都であり商工業都市として知られるハノーファーを経由している。

ミディ運河

ガロンヌ川と地中海を結び、17世紀に開通したヨーロッパ運河史上で有名な運河は、ミディ運河である。

セントローレンス海路

アメリカ合衆国は,第二次世界大戦後、カナダと協力して、セントローレンス海路をつくったが、これによって、大西洋上の大型船舶が、結氷期を除き、シカゴなどにまで航行し得るようになり、五大湖周辺地域の産業が、一層発展することになった。

あわせて復習

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク
トップへ戻る