【高校地理】ヨーロッパのポイント

シェアする

スポンサーリンク

【高校地理】ヨーロッパのポイントについてまとめています。

EC(ヨーロッパ共同体)

  • EUの誕生…1967年、3機関wp統合し、EC(ヨーロッパ共同体)が成立。→1993年、マーストリヒト予約の発効により, EU に発展。本部はベルギーのブリュッセル。
  • EUの役割…加盟国は27か国(2007年に2か国が加盟)。資本・商品・労働力の移動の自由化=市場統合。国境管理の廃止(シェンゲル協定), 通貨統合(ユーロ), 大学教育の統合(エラスムス計画)。
  • EUの課題…経済格差の解消→ヨーロッパ地域開発基金(ERDF)による資金援助。環境考急の対策→ヨーロッパ環境機関・ライン川保護国際委員会の設置, 長距離越境大気汚染条約の締結, 環境税(定 素税)導入。周辺地域からの外国人労働者の流人。

近年発展の遅れている東ヨーロッパ諸国の加盟が進んだことで、経済的に豊かな西ヨーロッパ諸国との間で経済差があり、経済活動からとらえた国内総生産(GDP)や国民の所得からとらえた国民総所得 (GNI)には加盟国間で大きな差がある。

ヨーロッパの自然と社会

  • 自然…日本より高緯度に位置するが, 比較的温暖。中部は構造平野(パリ盆地やドイツ平川), 北部・南部は半島と島々。
  • 社会…インド=ヨーロッパ語族に属する言語。北部にゲルマン系民族(プロテスタント), 南部はラテン系民族(カトリック)。中央部・南東部はスラブ系民族(ギリシャ正教, カトリック)。
  • 混合農業…北部・西部では穀物・飼料作物の栽培と家畜の飼育を組み合わせた混合農業が発達。
  • 地中海式農業…地中海沿岸では夏はオリーブ、ぶどうなどの果樹。冬は小麦を栽培する地中海式農業を行う。
  • 工業…イギリスで産業革命が始まる。現在、工業の中心は臨海部。

ヨーロッパの国々

  • イギリス…西岸海洋性気候。ロンドンは金融の中心。北海で石油を産出。フランスとはユーロトンネルで結ばれる。イギリスから産業革命が始まり、イングランド、ウェールズ、スコットランド、北アイルランドの4つの国で構成されています。
  • フランス…EU最大の農業国で, 農作物を輸出。北フランス炭田・ロレーヌ鉄山とルール炭田(ドイツ)を結ぶ地域は重工業三角地帯。1958年10月にフランスの憲法が制定されて、半大統領制の共和制の国。高福祉高負担国家であるのも特徴。
  • ドイツ…1990年, 東西ドイツが統一。トルコ・旧ユーゴスラビアからの外国人労働者が多い。ルール地方は,最大の工業地帯。環境先進国で、水質汚濁や酸性雨の被を害激しい規制で大気汚染や交通渋滞が和らいでいます。
  • ベネルクス3国…EC のひな型となる。ブリュッセル(ベルギー)にEU本部。ルクセンブルクにEU裁判所。ユーロポート(オランダのロッテルダム)はEU最大の貿易港。
  • 北ヨーロッパの国々…スカンジナビア3国と酪農のデンマーク。
  • 南ヨーロッパの国々…地中海式農業。北イタリアからスペイン北東部にかけて先端産業や観光業(リゾート産業)が発展。
  • 東ヨーロッパの国々…EU加盟国が増加。旧ユーゴスラビアの分裂。
スポンサーリンク

あわせて確認

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク