【高校地理】世界地図の図法のポイント

シェアする

スポンサーリンク

【高校地理】世界地図の図法のポイントについてまとめています。

世界地図の図法

地図の条件として、地図にはひずみがある。使用目的により,距離・面積・方位・角度・形のどれかを正確に表現するため, 地図投影法を考案。

スポンサーリンク

正積図法

  • サンソン図法…図の周辺 でひずみが大。
  • モルワイデ図…法緯線は高緯度ほど間隔を縮小。
  • エケルト図法…緯線は直線。経線は楕円曲線。
  • ハンメル図法…輪郭は楕円。経線は外側に湾曲。
  • グード図法…サンソン (低緯度)とモルワイデ(高緯度)を接合。
  • ボンヌ図法…緯線は同心円。地方図・大陸図。

正角図法と正方位図法

  • メルカトル図法…経緯線 は直交。等角航路が直線 =正角図法。海図に利用。
  • 正距方位図法…図の中心と任意の点を結ぶ直線が大圏コースを示す 正方位図法。距離も正しく表示する。航空図に利用。

一般図と主題図

  • 一般図…山脈や川、湖などの地形、都市の位置などの基本的な情報を表しているものが一般図。国土地理院が発行している地形図や地勢図なども一般図です。
  • 主題図…特定のテーマに重点を置いた地図を主題図といいます。点で示したドットマップ、線で示した等値線図、円などの図形で示した図形表現図、地域ごとに色で示した階級区分図などが例です。

正誤問題

次の各文のうち、 誤っているものを1つ選び、番号で答えよ。

(1) ボンヌ図法は円錐図法の一種で,大陸図や地方図などによく使われる正積図法である。
(2) グード(ホモロサイン)図法は緯度 40 4 を境に,それより低緯度地方をモル ワイデ図法,高緯度地方をサンソン図法で描き,両者をつなぎあわせたものである。
(3) エケルト(エッケルト)図法は円筒図法の一種で, 高緯度地方のひずみを小さくするため,極が赤道の2分の1の長さの直線で表される。 (4) ハンメル(ハンマー)図法の輪郭は楕円形をなし, モルワイデ図法と同じであるが, 緯線は赤道を除くと,すべて曲線である。

解答・解説

正解(2)

(1)ボンヌ図法では, 世界全図はハート形 になり,周辺部の大陸の形が正しく表現できな いので,もっぱら大陸図や地方図に使われる。
(2) モルワイデ図法は全体の輪郭が楕円形で, サンソン図法にくらべて高緯度のゆがみが少な いという利点をもつので, グード図法では高緯
度側に使われる。
(4)ハンメル(ハンマー)図法では,経緯線は赤 道と中央経線を除き,すべて湾曲している。

あわせて確認

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク