【高校地理】アメリカ合衆国の工業のポイント

シェアする

スポンサーリンク

【高校地理】アメリカ合衆国の工業まとめです。

アメリカの工業の特色

世界最大の工業国。資本の集中と巨大企業(多国籍企業)。近年, ハイテク産業が牽引。世界経済への影響が大きい。

スポンサーリンク

アメリカの工業地域

古くから発達したニューイングランド・五大湖周辺 1970年代以降、南部(サンベルト)へ。シリコンバレーやダラス・マイアミ周辺は先端技術産業の集積地域。

  • ニューイングランド…古くからの工業地域。技術の伝統・高級織物・精密機械・電子
  • 中部大西洋海岸…交通・市場・労働力にめぐまれる・各種工業がさかん
  • 五大湖沿岸…水運・石炭・鉄鉱石の結合・鉄鋼・自動車・機械・ゴム
  • 中部内陸…豊富な農畜産物, 便利な交通 食品加工・農業機械
  • 太平洋岸…石油・天然ガス・電力・石油化学・航空機・宇宙・電子
  • メキシコ湾…石油、安価な土地と労働力・石油化学・航空機・宇宙・電子

おもなアメリカの工業都市

  • シアトル…航空産業
  • デトロイト…自動車工業
  • ピッツバーグ…鉄鋼業
  • ヒューストン…石油化学工業、宇宙産業、航空産業がさかんな一大工業都市
  • ロサンゼルス…航空産業
  • ボストン…繊維工業、機械工業
  • サンフランシスコ…電子工業

メガロポリス

ボストンからワシントンDCの地域はメガロポリスよばれ、大都市と人口の集中地域である。この沿岸地域からアパラチア山脈を越え五大湖に至る地域は石炭、鉄鉱石などの資源に恵まれ、早くから工業化が進展した。

ピッツバーグ

アメリカ合衆国では、工業原料の産地周辺に、さまざまな工業都市が発達している。ピッツバーグの主力産業は、現在では、医薬品、情報通信産業などクリーンなものであるが、ピッツバーグは、今なお世界的な鉄鋼業都市としても有名である。

デトロイト

五大湖周辺の製鉄所で作られた鉄を利用した自動車産業が20世紀初めにさかんになったが、自動車産業を中心に発展した大都市はデトロイトである。

アトランタ

アメリカ合衆国の工業は、北東部や五大湖沿岸から南部に展開した。ダラスやヒューストン、ジョージア州州都アトランタなど大都市で成長した。

ヒューストン

穀物の輸出港として有名なヒューストンは、宇宙開発産業の重要な拠点でもある。またヒューストンの一帯は、IC生産などの先端技術産業の発達も著しく、原材料名にちなんでシリコンプレーンとよばれている。

サンノゼ

カリフォルニア州サンフランシスコ南方のサンノゼ付近ではハイテク産業が成長し、シリコンヴァレーとよばれるようになった。

その他の産業

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク
トップへ戻る