【高校倫理】最澄と天台宗

シェアする

スポンサーリンク

【高校倫理】最澄と天台宗についてまとめています。

最澄

最澄(伝教大師、767 ~ 822)は、804年に唐に渡り、天台山で天台宗の奥義を学んだ。天台宗は、6世紀 の隋代の僧智顎が開いたもので、法華経を釈迦の最高の 教えとして、諸宗の教えを整理統合したものである。法華経では、仏陀は方便として多くの教えを説いたが、真の教えはただ1つのみとする一乗思想(法華一乗)を説いた。最澄は帰国後、比叡山に延暦寺を建立して、日本で天台宗を開いた。

スポンサーリンク

一切衆生の成仏

最澄は、すべての生きとし生けるものは仏となることができる性質(仏性)を持っているという一切衆生蒸有仏性の思想を主張した。人の素質によって仏になれる人となれない人がいるという、南都六宗の法相宗などに見られる思想を強く批判した。

台密

最澄は、唐で天台宗の教えとともに禅(坐禅の修行)や密教を学び、その修行法を取り入れた。のちに比叡山では、弟子たちによって密教化が 強まり、真言密教(東密)に対して台密(天台宗の密教)と呼ばれるようになった。日本の天台宗は、本来の法華経中心の教学(円教)と、密教・禅・律(戒律)を総合した宗派として発展した。

大乗戒壇の設立

鑑真が日本に伝えた戒律は、インド伝来の部派仏教 (上座部仏教)のものであった。最澄はそれまで在家者向けとされていた大乗菩薩歳に基づいて僧となる制度を主張し、新たな大乗戒壇を比叡山に設ける何を朝廷に願い出た。この願いは、最澄の没後に実現された。

最澄の著作

天台宗の僧侶育成方針と規則をまとめた『山家学生式』や、戒律思想を詳説し大乗戒壇設立の必要を説いた『顕戒論』が有名である。

その他の教え

  1. 【高校倫理】適応行動
  2. 【高校倫理】西洋哲学の人間観
  3. 【高校倫理】パーソナリティ
  4. 【高校倫理】青年期と何か・青年期の特質
  5. 【高校倫理】青年期の課題
  6. 【高校倫理】現代における青年期のあり方
  7. 【高校倫理】ポリスと市民
  8. 【高校倫理】自然哲学とソフィスト
  9. 【高校倫理】ソクラテスの思想
  10. 【高校倫理】プラトンの思想
  11. 【高校倫理】アリストテレスの思想
  12. 【高校倫理】ヘレニズムの思想
  13. 【高校倫理】ユダヤ教の教え
  14. 【高校倫理】キリスト教の教え
  15. 【高校倫理】イスラーム教の教え
  16. 【高校倫理】バラモン教の教え
  17. 【高校倫理】孔子の教え
  18. 【高校倫理】仏陀の教え
  19. 【高校倫理】孟子の思想
  20. 【高校倫理】荀子の思想
  21. 【高校倫理】儒学|朱子学と陽明学
  22. 【高校倫理】老子の思想
  23. 【高校倫理】荘子の思想
  24. 【高校倫理】聖徳太子と仏教
  25. 【高校倫理】奈良仏教
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク