【高校倫理】親鸞の思想

シェアする

スポンサーリンク

【高校倫理】親鸞の思想についてまとめています。

親鸞

親鸞(1173 ~ 1262)は、9歳で比叡山に入り20年修行したが、煩悩から恐れられず、山を下って法然の弟子となった。しかし1207年、専修念仏への弾圧て越後に流罪となり、僧籍も剥奪された。これ以後、自らを僧でも世俗の身でもない「非僧非俗」の「愚禿親鸞」と名乗り、妻をめとり肉食し、在家仏教の道を歩んだ。その後流罪は解かれ、関東や北陸などで20年にわたり布教した。 晩年は京都に戻って、主著『教行信証』などの著述につとめた。没後、後継者により親鸞を開祖とする浄土真宗が開かれた。

スポンサーリンク

凡夫の自覚

親鸞は自分の罪業の深さを見つめ、煩悩具足の(煩悩を具えた)凡夫の自覚を持っていた。しかし阿弥陀仏は自分のような人間をこそ救おうと誓いを立てたのだと考え、自力の修行を捨てて他力信仰の道を進んだ。『歎異抄』に記された親鸞の言葉として、「たとえ法然上人だまされた親鸞の言葉として、「たとえ法然上人にだまされ、念仏」 (四獄に落ちたとしても自分に後悔はない。なぜなら自分はどんな修行ものがび難く、もともと地獄行きは決定的な身だからだ」という内容のもまた、親鸞は自身の心を見つめ、「悪性さらにやめがたし、こころはさそり)のごとくなり」と述べた。

悪人正機

法然は、だれでも(悪人であっても往生することができると説いた。親鸞はこの考えを進め、「善人なおもて往生をとぐ、いはんや悪人をや(善人ですら往生できるのだから、悪人が往生できないことがあろうか)」と述べ、悪人 正機の思想を唱えた。ここでいう「善人」とは、自力で善事をなしとげる(自力作善)という自信にあふれた人、「悪人」とは、善をなそうとしてもできない自分の煩悩や罪深さを自覚し苦しむ人のことである。自信があって自力をたのむ阿弥陀仏にすがる心の薄い「善人」すら阿弥陀仏は救おうとするのだから、他力をたのみ阿弥陀仏の慈悲にすがるしかない「悪人」が救われないはずはない。「悪人」をこそ極楽浄土へ迎えるため、阿弥陀仏は衆生救済の誓いを立てたのであるとした。

絶対他力・自然法爾

法然の説いた専修念仏は、往生のための善行として自分 不今仏するという自力の要素が生じてしまうと、親壁はとらえた。力をすべて捨て去った絶対他力の立場に立ち、阿弥陀仏への信心を持つことも念仏を称えることもすべて人間の意志ではなく、阿弥陀仏のはからいによると考えた。このように、すべては阿弥陀仏のはからいのままにあるということ、また自力を捨ててそのはからいに、すべてをまかせきるということを、 親鸞は自然法爾と呼んだ。

報恩感謝

阿弥陀仏のはからいで救われて、極楽往生は定まっている。念仏は往生の手段ではなく、すでに救われていることへの感謝として称えるのである(報恩感謝の念仏)。

その他の教え

  1. 【高校倫理】適応行動
  2. 【高校倫理】西洋哲学の人間観
  3. 【高校倫理】パーソナリティ
  4. 【高校倫理】青年期と何か・青年期の特質
  5. 【高校倫理】青年期の課題
  6. 【高校倫理】現代における青年期のあり方
  7. 【高校倫理】ポリスと市民
  8. 【高校倫理】自然哲学とソフィスト
  9. 【高校倫理】ソクラテスの思想
  10. 【高校倫理】プラトンの思想
  11. 【高校倫理】アリストテレスの思想
  12. 【高校倫理】ヘレニズムの思想
  13. 【高校倫理】ユダヤ教の教え
  14. 【高校倫理】キリスト教の教え
  15. 【高校倫理】イスラーム教の教え
  16. 【高校倫理】バラモン教の教え
  17. 【高校倫理】孔子の教え
  18. 【高校倫理】仏陀の教え
  19. 【高校倫理】孟子の思想
  20. 【高校倫理】荀子の思想
  21. 【高校倫理】儒学|朱子学と陽明学
  22. 【高校倫理】老子の思想
  23. 【高校倫理】荘子の思想
  24. 【高校倫理】聖徳太子と仏教
  25. 【高校倫理】奈良仏教
  26. 【高校倫理】最澄と天台宗
  27. 【高校倫理】空海と真言宗
  28. 【高校倫理】空也と源信
  29. 【高校倫理】法然の思想

以上が、【高校倫理】親鸞の思想となります。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク